人件費高騰!人手不足倒産が多い業種と5つ対策とは

      2017/11/11

こんにちは歌川です。

人材不足が深刻化になり、『人手不足倒産』がとても増えてきています。
特に地元でも、その波が来ていて今後も広がる予想。

僕も経営者の端くれとして他人事ではありません。
今回は様々な経営者にインタビューしてきた経験から、倒産しないためにどのような対策をすればいいかをお伝えます。

人手不足倒産とは?

文字通り『人材不足』が原因で倒産することです。

2017年9月の「人手不足」関連倒産は22件。

「人手不足」関連倒産(9月・年度上半期):東京商工リサーチ

日本は人口が減るので、もう止まらないことになるでしょう。

なぜ倒産するの?

なぜ、人材不足で倒産するのでしょうか?
あなたの会社も思い当たるところがないかチェックしてみてください。

後継者がいない

代表者の死亡や病気入院などで、後継者がいない倒産が一番多くなっています。
これは地方でよく聞く話ではないでしょうか。

僕の実家も自営業ですが、継がないことを決断したので近々倒産します・・。

従業員が辞めてしまう

続いての理由は、社員が退職したり集まらない場合です。
人に依存している業種は多いので、人材不足でこの流れも止まらないでしょう。

人件費が高騰

この理由で、大手飲食チェーン店では閉店してたりしています。
最悪、人材不足で給料を上げたために倒産するケースも。
今後も人材の取り合い合戦になるのは間違いありません。

■人件費高騰で店舗閉鎖、金額上昇ニュース
幸楽苑が52店舗閉店へ 人件費高騰で採算取れず
すき家、一部メニュー値上げへ 人手不足で人件費かさむ

倒産が多い業種

続いて倒産が多い業種を紹介します。
あなたの業種も思い当たるとこもあるのではないでしょうか。

  • 宿泊・飲食業
  • 運輸業
  • 介護事業
  • 建設業

などなど

人手不足倒産を防ぐ方法


ここからは、倒産を防ぐための具体的な方法をお伝えします。

理念をしっかり伝える

最終的に人が集まって会社に残るのは、間違いなくあなたが描くビジョンです。
目標をしっかり立てて、仕事をする意味を伝えていけば、社員はついてくるのでしっかり考えましょう。

そのビジョンがあれば、多少待遇が他と違っても必ず残ってくれます。
僕の事例で恐縮ですが、弊社は『働くことへの悩みを解決する』というビジョンを持っており、大学生にとても共感いただいています。
給料を出す前から手伝ってもらっています。

労働環境を整える

『優秀な社員が辞める本当の理由とは?経営者に聞いた離職・退職者を減らす対策』でもお伝えしましたが、
男子の退職理由で一番多いのが労働環境

長時間労働はもちろんNGですし、リモートワークなど様々な働き方を積極的に取り入れてください。

人間関係を良好にする

女子の離職で多いのが人間関係
コミュニケーションは必須です。気持ちよく仕事が出来るような環境作りをしましょう。

外国人採用

もう日本のみでは太刀打ちできなくなってきています。
その背景から、僕もベトナム人向けの仕事・住居マッチング事業を行うことになったので、興味がある方は一度ご連絡ください。

きちんとした求人掲載をする

当たり前ですが、効果のない求人広告などしていませんか?
求人媒体を利用して応募が来ない状況が続くというのは、毎回お金を無駄にし続けているのと一緒です。

広告費を1円も無駄にしないで効果的に求人の募集ができる方法はありますので、
本当に人手不足をなんとかしたい!と思うなら取り組んでみてください。

※こちらも合わせてお読みください。
無駄な広告費を1円も使わない!求人を出して応募が来る人材採用のコツ

やってはダメな方法


続いてはやっていけない方法です。

無条件で給料を上げる

倒産理由は賃金の値上げがあるので、
周りが上げてるから上げるような真似はよくありません。

社員のいうことを何でも聞く

すべて鵜呑みにするのもやめましょう。もし要望を聞くなら交換条件にするのをおすすめします。

いかがでしょうか。
いくら人材不足でも仕事を探している人は間違いなくいるので、諦めずに様々な方法を取り入れてみてください。

======
■仕事探しで絶対に後悔したくない方へ
インタビュー求人情報

■求職者から60分で3名の応募があった情報発信をしませんか?

■最新情報はLINEの友達追加を!
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

歌川貴之

プロインタビュアー/仕事と空き家マッチングが最も得意。生の職業情報を伝える求人情報サイトを運営し、企業向けに販促用のコンテンツ制作をしている。個人事業主のお店から芸能人・上場企業の社長など、様々な職業1,000人以上に会ってきた。

 - 人材を確実に採用する方法