ブログやホームページのweb集客ができない場合に確認すべき4つのこと

      2017/10/11

経営者Aさん
はぁ色々やったけど成果が出ないな

社員Bさん
集客が弱いんですかねぇ?

経営者Aさん
何が原因なんだ!?

こんにちは歌川です。

ホームページやブログを作ったけど、全然成果が出ない・・・。こんな悩みをよく聞きます。
集客はとても大事ですよね。自分も色々試して失敗の連続でした。
今回は、学んで経験してきた失敗事例をお伝えします。

きちんと情報発信が出来れば、『会ったことがない人からも仕事を依頼される』ようになります。自分の場合だと、インタビューのコンテンツ制作の他に、ある大学のイベントで話して欲しいと頼まれています。
そのぐらいの成果があるので、あなたも集客の必要性は理解しているはずです。

ではなぜ成果が出ないのでしょうか?

ターゲットを選定せず、商品・サービスを作ってしまう。

この話はよくあります。
高齢者向けのイベントなのに若者へ発信したり、誰でもいいから来て!という情報は誰にも届きません。

その商品やサービスは誰に対して解決できるのか?
どのような情報を発信したら気付いてもらえるのか?
をしっかり考えてみましょう

詳しくは、【完全マニュアル】初心者でも実践できる集客力アップの情報発信方法をご覧ください。

受け手のことを考えていない

集客力を身につけるなら受け手のことを考えるのは非常に重要です。
リアルの世界では当たり前ですが、ネットになると独りよがりになるので「自分もそうかも?」と心当たりのある方は多いのではないでしょうか。

具体的な事例を紹介していきます。

告知だけの一方的な発信になっている

「買って買って買って!」
まるで駄々っ子のようです。リアルでは押し売りしないのにネットだとやってしまうのは、相手の顔が見えないからでしょうか。
しかし、あなたの情報をキャッチする先には必ず人がいます。情報発信は告知ではなく、相手に役立つ情報も発信するようにしましょう。

WEBツールの使い方がひどい

Twitterでブログのように長々とつぶやいていませんか?これをやると受け手のタイムラインにはあなたのつぶやきでいっぱいです。受け手は「げ!なんだこれ」とびっくりです。

間違いなく良い印象は持たれませんよね。僕はすぐにフォローを外します・・・。このようにならないためにも、発信する情報によって適切なツールを使い分けましょう。

問い合わせフォームがない

皆さんは問題ないと思いますが、たまにフォームがない会社があります
WEBで集客したいというのに、問い合わせは電話とFAXのみ。

あなたに興味を持って連絡しようと思っても、フォームがなければハードルが上がるので、気軽にメッセージもらえるような仕組み作りをおすすめします。問い合わせフォームは超簡単に無料で作れるので、入れ込んであげてください。

やり方を失敗した

続いての失敗事例です。

発信する内容を間違えている

例えば、家具を販売しているのに、おすすめのアニメやラーメンなどまったく事業に関係のない情報発信がメインではありませんか?
喜ばれるかもしれませんが、それだとあなたが何をしている人かまったく分かりません。目的に関係のない情報は全体の2割程度に押さえましょう。

パソコンを持っていない

「まじか・・・。」
と思うかもしれませんが、このような方がホントにいました!

スマホでもSNS投稿やブログを書けるので、スマホだけに特化するならいいと思います。ただ、パソコン画面用の編集はできないので、全体に情報を出したいのであればパソコンは必須です。安いのは数万円で買えます。
ちなみに僕はThinkPad E470を使っているのですが、4万円代で買えるので超おすすめです。シンクパッドはキーが押しやすいですよ♪
詳しくは記事にしました⇒ThinkPad E470の実機レビュー!シンクパッドを半年間ガッツリ使ってみた評価

WEBなのにリアルで集客している

これも意外に多いのですが、知り合いや友達に依存している場合だと、身内のみでしか広がりません。

もちろん、最初は知り合いに声をかけて知ってもらうのは大切ですが、そこから広がらなければ原因があるので、しっかり突き詰めましょう。質を高めるため必ず意見を聞くようにしてください。
むしろ、身内だけでビジネスをやるならネットは使わなくていいと思います。

時間がかかるのを理解する

ネットのツールはプル型が多いため、とうしても時間がかかります。
競合が多いワードだと、SEOも時間がかかり、2か月~と言われているので、即効性がないことを理解しましょう。

【重要】集客の意味を理解していない

最後に重要なことをお伝えします。

集客が出来ればすぐに売上が上がると勘違いしている

人が集まったらすぐ売れると思っていませんか?

いえいえ、集客はあくまで入り口です。たまたま来たかもしれないし、情報だけ取りにきたかもしれないので全員が購入するとは限りません。

そこを認識して集客したお客さんを『囲い込む』見込み客のフォローの必要があります。
もし、集客が出来ているのに売上に繋がらないと感じていたら、その後のフォローが出来てない可能性があります。集客後に何をしているのかチェックしてみてください。

フォローの方法は下記の記事ご覧ください。
売れる仕組みの作り方。WEBマーケティング戦略:事業告知向け

いかがでしょうか?集客力を身につけるための参考になれば幸いです。

======
■仕事探しで絶対に後悔したくない方へ
インタビュー求人情報

■求職者から60分で3名の応募があった情報発信をしませんか?

■最新情報はLINEの友達追加を!
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

歌川貴之

プロインタビュアー/仕事と空き家マッチングが最も得意。生の職業情報を伝える求人情報サイトを運営し、企業向けに販促用のコンテンツ制作をしている。個人事業主のお店から芸能人・上場企業の社長など、様々な職業1,000人以上に会ってきた。

 - 集客アップのノウハウ集