離職率が低いと採用の武器になる!すぐわかる平均と計算方法

      2018/03/28

こんにちは歌川です。

面接で求職者から注目される「離職率」。
あなたの会社の離職率は何%でしょうか?

ハッキリ言いますが、すぐに答えられないと良い人材は採用できません。
なぜなら、求職者が会社を選ぶ際には、離職率でも判断しているからです。

離職率で職場の雰囲気を感じます。あなたも離職率が高い職場で働こうとは思わないはずです。
例えば、働き方改革で日本最先端のサイボウズは離職率を28%から4%に引き下げました。
かなりインパクトがあります。

離職率が低いのは武器になるので、今回は離職率の計算方法をお伝えします。

日本の離職率の平均

まずは、日本の平均の離職率をご紹介します。

15%!

入職者7749.2千人(16.3%)
離職者7131.5千人(15.0%)
参照:厚生労働省-平成 27 年雇用動向調査結果の概況-

15%がすべての平均なので、ここから下げるのを目標にしましょう。
業種別には、『優秀な社員が辞める本当の理由とは?経営者に聞いた離職・退職者を減らす対策』の平均をご覧ください。

簡単にお伝えします。
■業種別
宿泊業・飲食サービス業31.4%
生活関連サービス業・娯楽業22.9%
医療・福祉業が15.7%

■男女別
男性が13.2%
女性18.5%

離職率の計算を方法

ここから計算方法をお伝えするので、自社の離職率をチェックしましょう。
離職率の計算方法は一般的に、
「一定間内の退職者数÷当期初(or前期末)の在籍人数×100=離職率(%)」です。

1年間の離職率

年度初めに100名の従業員のいた企業が1年間で20人離職した場合
20名÷100名×100=20%

新卒入社後3年の離職率

30名の新卒社員を採用し、3年後に15名が離職していた場合
15名÷30名×100=50%

離職を減らす方法

離職を減らす方法は、『優秀な社員が辞める本当の理由とは?経営者に聞いた離職・退職者を減らす対策』をご覧ください。

簡単に抜粋します。

  • まずは社員の現状の把握!
  • 働き方を変える
  • 待遇・給料を上げる
  • 理念共有をする
  • チームワークを高める
  • コミュニケーションをしっかり取る
  • 人間関係を見て部署移動
  • 承認欲求が満たしてあげる

離職率が低いと武器になる!

計算してみましたか?
もし、あなたの会社の離職率が業界平均よりも低いならチャンス!
最強の武器になります!

すぐにでも広告やサイトに掲載しましょう。

キャッチコピーで比べてみます。
①:当社は風通しが良くて社員が仲良い職場
②:離職率は業界平均以下の10%!毎年下がっている働きやすい職場

具体的な数字を使うと信憑生が高まるため、②の方が興味を持ってくれますよね。
様々な媒体に活かせるので、離職率の低さを売りにして採用活動をしましょう!

======
■採用ミスマッチゼロの人材紹介
人材を募集している方はこちら

■エンジニア不足でお困りではありませんか?
エンジニア人材紹介

■自分に合う仕事探しをしている方へ
後悔しない仕事選びをしませんか?

■最新情報はLINEの友達追加を!
友だち追加

いいね !をしていただくと
最新記事をお届けします♪

Twitter で
The following two tabs change content below.

歌川貴之

『人生を幸せに生きよう』を理念に、移住(田舎暮らし/上京)に強い職業紹介事業を行う。得意領域は営業、ITエンジニア。音楽業界で全国の地域で仕事をした経験を持つ

 - 離職の対策