リモートワーク導入とエンジニア開発外注方法を学べるWEBメディア

リモートワークのフリーランス活用WEBメディア

【E-bookをプレゼント】

人材採用の起爆剤!
今までのノウハウを全部つぎ込んで無料配布中。

これを読めば、確実な人材採用方法を学べます。
是非、ビジネスにお役立てください。

ダウンロードはこちら
※無料メールマガジン登録でダウンロードできます。

経験者が語る!リモートワークエンジニアのトラブル事例

2019/08/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社アプトリーの代表。 リモートワークのエンジニアマッチングサービスNACODER's(ナコーダーズ)を運営しています。 独自に開発したAI相性診断でビジョンマッチングを実現。好きな人と働ける社会を創る

こんにちは歌川です。

リモートワーク人材と初めて仕事をするときは不安が多いのではないでしょうか?
今回は、経験してきたエンジニアとのトラブルをまとめてお伝えするので導入の参考にしてください。
ただ、常駐でも起こりうるトラブルが多いので、リモートワークだからとは言えないところがあるのでご了承ください。

コミュニケーション能力が低い

これは本当に致命的でした。
まず、ホウレンソウがなっていないので、納期が近づいてきて「大丈夫です!」というのが蓋を開けてみたら、出来てしなかったパターンです。
なんとか納期数週間前に気付いて、他のメンバーが入りフォローしたけど、無理なら無理!
と早めに言えない方でした。
エンジニアは最後までなんとか一人で頑張ろうとする傾向があるので人材の見極めは大事です。

無理やり仕事をとる!

どの職種でもそうかもしれませんが、
エンジニアでもお金がすぐにでも欲しい方は、仕事ができなくてもできると言い張り周りに迷惑をかけます。
なので、本当にできるのかをじっくり話してみてください。

音信不通になる

これが一番最悪なパターンで、逃げられたらおしまいです。
おかげ様で、音信不通は今までありませんが、契約前の案件紹介時などでは日常茶飯事です。
アプトリーではスクリーニングを厳しく、こちらが経歴書の送付依頼や、面談設定、契約書の確認など
面倒なプロセスをあえて挟んでいるので、そこで逃げるか本気がどうか「ふるい」にかけています。

 

いかがでしょうか?
人材のスクリーニングがとても重要な立ち位置になります。
人材の選び方や見極め方はは下記をお読みください。

https://blog.uptory.jp/remotowork-success/


 

【企業・エンジニア様へ】

現在アプトリーでは案件をご紹介いただける企業様、アプトリーに登録いただけるエンジニア様を募集しております。

今回の記事で興味を持って頂けた方はぜひ下記のボタンより問い合わせいただければと思います。

案件のご相談やリモートワーク導入についてのご質問は下記から

エンジニアの登録、案件情報を知りたい方は下記からお問い合わせください

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リモートワークのフリーランス活用WEBメディア , 2019 All Rights Reserved.