大乱闘!?面接で嘘をつく求職者を採用する?どこまでが許容範囲か検証してみた

   

こんにちは歌川です。

あなたは面接で嘘をついた求職者を採用しますか?

嘘つくなんてけしからん!!!

気持ちは分かります。
しかし、あなたも自社を良く見せようと大きなことを言っていませんか?

心当たりはあるはず。
ハッキリ言って面接に嘘はつきもので、お互いが嘘つき合戦をしてるんです。
企業は会社を良く見せたし、求職者も自分を良く見せたいんですよ。

僕だって、面接で嘘をついてきましたし、嘘をつかれたことも何度もありました。

基本的な求職者の見極めは、【採用担当必見!】人材を採用するか見極める4つのポイント!でお伝えしましたが、今回は『嘘』というテーマでお伝えします。

まずは、現状から。

面接が嘘つき大会に

どちらも良く見せようと、薄っぺらいお面を被りながら嘘をついています。

社長
わが社は日本中に支店があるんだよ(嘘)

Aさん
御社が第一志望です!(嘘)

社長
来期には世界進出する予定だ!(嘘)

Aさん
理念にも共感します!(嘘)

求職者の本音:正直者がバカを見る

極端な話、内定をもらうためになんだってします。
なぜ、ここまで嘘をつくのでしょうか?

面接で落ちたくない

失敗したくないのが一番。
自分の人生で面接で落ちたというのは汚点。というくだらないプライドがあるんです。

優越感に浸りたい

友達よりも早く就職を決めたいじゃないですか。
周りより自分が優秀だ!と自慢したいんですよ。

早く就活を終わらせたい

これに尽きます。
ハッキリ言って就活なんて面倒。早く内定決めて遊びたいんです。
この場を終わらせるために生きてるんですよ。

この嘘をついたら絶対に採用しない

求職者の現状は理解できましたか?
続いて嘘について深堀していきます。
この嘘をついたら、僕は絶対に採用しません。

履歴書の嘘(学歴・職歴)

これは完全にアウトです。
ありもしない経験を記載したり、逆に転職回数を気にするあまり職歴を短くする人もいたりします。

紙やデータで残ることに嘘をつく人は、ハッキリ言って詰めが甘いです。
だって証拠が残るならいつかバレるじゃないですか。
このような人に仕事を任せても、よい結果は生まれません。

第三者を使う嘘

極端な例ですが、会ったこともないのに、〇〇部の〇〇さんと知り合いなんです!
という嘘。

これもすぐバレるので同じく詰めが甘い。
こんな嘘をつく人間を社員にしたら、取引先にも嘘をついて大混乱です。

許される嘘

こんな嘘だったら気にしません。酒の肴にして笑い合いましょう。

俺はBIGになります!(嘘)

わけが分からないですが、面接でこれをいうなら期待していいでしょう。
なぜならば成長意欲が感じます。

パソコンはバリバリ使えます!(嘘)

なので、このような成長のための嘘は大歓迎。
特にスキルの嘘をつくのは見込みがあります。
入社するまでに覚えてくる可能性が高いからです。

僕が入社したら業務改善ができますよ!(嘘)

たまに強気な求職者もいます。
これはハッタリもありますが、仮にハッタリでも面接でいう勇気を評価してあげてください。
このような人は、本当に優秀な人か、面接で落ちまくってやけになっている人です。

お互い本音で話したらどうなるか?

もし、お互いが本音で話したらどうなるでしょうか?
当たり前ですが、相手の悪口になるネガティブなことを言った瞬間に大乱闘決定(笑)
お互い嘘をつくのは当たり前だと思って面接した方がいいです。

いかがでしょうか。
参考になれば幸いです。

======
■仕事探しで絶対に後悔したくない方へ
インタビュー求人情報

■求職者から60分で3名の応募があった情報発信をしませんか?

■最新情報はLINEの友達追加を!
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

歌川貴之

プロインタビュアー/仕事と空き家マッチングが最も得意。生の職業情報を伝える求人情報サイトを運営し、企業向けに販促用のコンテンツ制作をしている。個人事業主のお店から芸能人・上場企業の社長など、様々な職業1,000人以上に会ってきた。

 - 人材を確実に採用する方法