リモートワークのフリーランスエンジニア開発外注方法を学べるWEBメディア

リモートワークのフリーランス活用WEBメディア

【E-bookをプレゼント】

人材採用の起爆剤!
今までのノウハウを全部つぎ込んで無料配布中。

これを読めば、確実な人材採用方法を学べます。
是非、ビジネスにお役立てください。

ダウンロードはこちら
※無料メールマガジン登録でダウンロードできます。

HTML・CSSを使用した業務内容などを詳しく説明します

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アプトリーのWEBライター。 リモートワークを身近な存在にするために、自社内での実例など交えながらせきららに記事を書いていきます。 実業務では主にPHPを。HTML,CSS.JSなどは使いますが…というレベルです。 リモートワークを導入してみたい。どういったものなのかを知りたいという方向けに掘り下げた記事を主に作成します。

フロントエンジニアの需要は年々、増加傾向にあります。

フロントエンジニアがどういった職種のことを示すかというとWebブラウザの制作を行うなど、フロント側のエンジニアのことを言います。

ネットショップを運営している企業や会社など一般的になり、ユーザーと直接データのやり取りを行うためにWebブラウザをユーザーが使いやすい画面にしたり、スムーズなやりとりができるような要素を組み込んだWebブラウザ制作を行うことが重要視されています。

ウェブサイトをより使いやすく、そしてユーザーの方が興味を持つようなWebデザインにするためにWebデザイナーの需要も伸びています。

UI/UX設計ってこんなことができる!詳しい業務内容などを説明します

 

使用する言語はHTML,CSS・JavaScript(jQuery)・PHPの設計して実装を行うなど使いやすいウェブサイトになります。

他には、WordPressなどのCMSというコンテンツマネジメントシステムの構築やカスタマイズができるエンジニアはウェブサイトを開発する上でとても重要な役割を果たすことになります。

HTMLのみ設計ができるエンジニアは数多くいますが、HTML,CSS・JavaScript、PHPのコーディングを行うフロントエンジニアは、Webデザインなども作り込みができるようになりますし、ウェブデザイナーとしての要素も踏まえるため、活躍の場は広がっていきます。

 

幅広くプログラミングができることで高度なWeb制作スキルを持ったエンジニアとして需要が伸びているフロントエンジニアとして活躍できます。

 

HTML,CSSで組み込んだプログラミングは、Webブラウザでの動きもチェックしながら深い知識が必要になります。

Web上ではCSSが使えるとCSSでカバーする範囲・JavaScriptでカバーする範囲を判断し、CSSのプロパティのブラウザサポートをチェックした上で設計するとSEO検索などにも役立ちます。

 

CSSプロパティ・レイアウトなどの知識が必要になります。HTMLでコーディングしたあとにCSSやJavaScriptなどで組み込んでいくことになり、ウェブサイトのレイアウトチェック、ウェブデザイナーとしての知識も広がっていきますし、設計したあとのテスト・デバッグ・パッケージ管理などの技術力も必要になります。

webアプリケーションコーディング業務の流れを説明します!

 

 

HTML,CSSを使ったWebサイトのマークアップは需要が多くなりつつあります。CSSを効率的に扱うことができるスタイルシート言語のSassは、大規模サービスの開発・リッチなUIの実現などに用いられています。作り込みのイメージとしては、HTMLで文書や画像を配置したあとに、CSSで文字や色を装飾するなどHTMLプログラミングのみではなくデザイナーとしての要素を含まれているのが理解できるはずです。

 

また、ウェブサイトの更新作業などではコンテンツを扱うシステムではCMSを使う機会が多くあり、WordPressは採用されるため、少し勉強しておくとエンジニアとしてのスキルを伸ばしていくことができます。

やはりクライアント側にとってSEO対策は必須ともいえますし、キーワードの選定・メタタグの記述・パンくずリストの作成などが上手にできるとSEOがスムーズに行い、欲しい情報がすぐに入手できますし、ユーザーのニーズを理解することができるので、ウェブサイトの売り上げに貢献することができます。

 

魅力あるウェブサイトを制作することで、会社の売り上げにつなることになりますし、フロントエンジニアは重要な役目を果たしています。

 

また、近年はパソコンよりもスマートフォンを利用してサイト閲覧して気に入った商品があれば購入するなど、時代の流れにあった取り組み方も必要になります。CSSのメディアクエリというモジュールを使用して実装を行うと、レイアウトを動的に変化させることができるので様々なデバイスに対応できるので、スマートフォンに対応したサイトを構築もスムーズに対応できます。

 

スマートフォンの需要は今後も伸びていきますし、やはり操作がスムーズにできることで売り上げアップへと導いていくことになります。また、プログラミングを行ってウェブサイト制作を行ったあとには定期的にデバッグを行うことで、HTML,CSSのみではなく、パフォーマンスやメモリに関する情報などもチェックができたり、アプリケーションテストなども必要になります。

 

ウェブサイト制作を行う上でHTMLプログラミングも必須ですが、PerlやRubyなどの言語は読めるようになっていると、どういった動作環境になっているのか把握することができます。ウェブサイトがスムーズに動作を行うためには、こうした組み込み作業・デバッグ・テスト評価作業などトータルで必要になるため、HTML,CSS以外のJavaScriptやPHPなどプログラミングができると職場でも重要視されます。

 

ウェブサイトには、HTMLやPHPなどを使ってコーディングを行い、ウェブサイトに必要なライブラリ・ポップアップ画面・申し込みフォームなどはPHP・smartly・CGI・jQueryにて制作することになります。HTML,CSSでデザイン性など重視した動きがないウェブサイトから、動きがあるコーディング力があるとウェブサイトから申し込みができたり、ポップアップが表示されてユーザーの方も使いやすくなり、SEO対策へとつながります。

 

動的な要素を用いたウェブサイトは人気があり、そして売り上げアップへと繋がるので定期的な更新作業など行うことになります。業務の効率化・高速化へなど、大規模プロジェクトにも携わる機会も多くなり、HTML,CSSなどウェブサイト制作において重要な鍵を握っていることになります。

 

特にCSSは、ウェブサイトを装飾するための言語として活用され、最近は複雑なアニメーションが表現できるなど、幅広い年齢層の方が興味をお持ち頂けるようなウェブサイトへと開発されるようになりました。

CSSプロセッサを用いることで、より簡素化して見通しの良いソースコードにすることができ、レイアウトやアニメーションの複雑化を解消、CSSソースコードを簡素化することができるので、業務のスピードアップになっています。

 

アプトリーでは今回ご紹介したHTML・CSSのほかにもJAVAscriptなどのフロントエンジニアに数多く登録していただいています。

登録していただいている全員をリモートワークで企業にご紹介しています。

興味を持っていただいた方はアプトリーのコーポレートサイトに実際に登録いただいているエンジニアのデータベースが閲覧できます。詳しくはチャットからお問い合わせください。


アプトリーはリモートワーカーと企業様を繋ぐサポート事業を行っています。

  • 新規事業の設計開発が一気通貫が得意です
  • 納品よりもビジネスの成功にコミットします
  • スクラムのチーム開発も得意です
 

少しでも興味を持っていただけた方は画面右下にありますチャットからお気軽にお問合せしていただければと思います。

いいね !をしていただくと
最新記事をお届けします♪

Twitter で

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リモートワークのフリーランス活用WEBメディア , 2019 All Rights Reserved.