• 0 views

アプトリーにエンゲージメントの高いエンジニアが集まるシンプルな理由

アプトリーにエンゲージメントの高いエンジニアが集まるシンプルな理由

アプトリーの佐々木です。

皆さんはエンゲージメントという言葉をご存じでしょうか?

「エンゲージメント」とは、従業員の会社に対する「愛着心」や「思い入れ」をあらわすものと解釈されますが、より踏み込んだ考え方としては、「個人と組織が一体となり、双方の成長に貢献しあう関係」をいいます。アプトリーではたくさんのエンゲージメントが高いエンジニアの皆さんに登録いただき、実際に「プロジェクトで活躍してもらって助かっている」という企業担当者の声を聞いています。

今回はなぜアプトリーにはエンゲージメントの高いエンジニアが集まるのか、その理由をお伝えします。

そもそも外部パートナーにエンゲージメントを求める必要はあるのか?

もしかしたら「正社員ならまだしも、外部パートナーにエンゲージメントを求めるのは、期待しすぎなのでは?」と思われた方もいるかもしれません。皆さんのおっしゃる通り、確かに外部パートナーには「今すぐ」「自社で獲得しづらい経験・育成しづらいスキル」を期待するのが通常です。

しかし結論から言えば、外部パートナーが持つ経験・スキルを活かすのが本稿のテーマであるエンゲージメントであると言えます。このエンゲージメントのベースになるのが私たちが重要視している「共感」です。企業自体やサービス、プロダクト、一緒に働くチームメンバーに対して共感度が高ければ自然とエンゲージメント=結びつきが強まり、よりよいものを力を合わせて作りたいというモチベーションの向上につながり、結果パフォーマンスの向上が期待できるのです。

人材不足や技術力不足といった緊急度の高い課題に直面するとついつい経験だけ、スキルだけで人を選びがちですが、実は外部パートナーにこそ自社への共感をいかに持ってもらうかが重要なのです。

私たちアプトリーはプロジェクト、ひいては事業の成功をご支援していますが、最も確実に目的を達成するためには人の持つ「共感」が成功するかどうかの鍵だと考えています。

 

なぜアプトリーにはエンゲージメントが高いエンジニアが集まるのか?

ではなぜアプトリーにはエンゲージメントが高いエンジニアの方々にご登録いただけるのでしょうか? それには以下2つの理由があります。

完全リモート案件特化で、全国の優秀なフリーランスエンジニアが集まる

アプトリーが企業の皆さんにご提案をさせていただくのは、全国のフリーランスエンジニアの方々です。外部パートナーの協力を得るといっても開発会社に発注をする、派遣を依頼する、人材紹介を依頼するなど様々です。アプトリーはその中でも人材紹介、特に全国のフリーランスエンジニアの方のみにご登録をいただき、企業とマッチングしています。

なぜフリーランスエンジニアに絞っているのかというと、フリーランス=個人事業主として独立しているエンジニアは

  • 独立して生計を立てられる一定のスキルがある(市場にニーズがある)
  • 自分のやりたいこと、好きなことをしたいための意欲が高い

という2つの特徴があると言えます。この2つが揃うと、自然と自身が共感する案件に対してとても高いコミットメントを発揮します。

そのためアプトリーでは面談の際に、案件情報だけの表面的な会話だけでなく、フリーランスとして活動するきっかけなどその人自身の志向を深堀りしていきます。この会話を元にどういった案件に共感を持ちやすいのかを診断していきます。

参考:フリーランスの方との面談の流れは下記の記事にまとまっています。合わせてご覧ください。

アプトリーのオンライン面談は楽しいぞ!どんな感じで面談しているか紹介します!

 

なぜフリーランスの方のみ? フリーランスとして活動する経験がそのままプロジェクト運営に活きる

最近では副業解禁などもあって様々な方がプロジェクトに参画できるようになりました。それでもアプトリーがフリーランスの方をご紹介したいのはフリーランスならではの強みがあるからです。

フリーランスとして活動すると、仕事そのもの以外にも仕事の話をまとめるための営業活動に必要な視点やコミュニケーション能力も身に付きます。営業の視点や、案件の進捗を対極的に見るPMの視点をすでに持っているため、それがそのままプロジェクト運営に活きるのです。特にコロナ禍を受けてリモートワークがトレンドになると、どのような状況下・どのようなツールを使っても

  • 相手の話を理解する力
  • 自分の考えを相手に伝える力

を持つ人は強みがあると言えます。

また、フリーランスは自分以外は顧客や外部パートナーとなるため、常に相手の利害を理解しながら会話を進めています。こうした視点もプロジェクト運営ではユーザーの視点を考えることに繋がっているのです。

こうしたフリーランスの方々は全国に点在しています。技術力とコミュニケーション力があれば、場所に囚われずに仕事をしていけるからです。結果的に、やはり優秀な方ほど場所や時間に囚われない完全リモートの案件を希望する傾向が強まります。企業の皆さんへ完全リモートの働き方をご提案するのはこうした背景もあります。

 

以上、アプトリーにエンゲージメントの高いエンジニアが集まる理由をお伝えしました。技術力だけではなくエンゲージメントが高いエンジニアをお探しであればアプトリーがご支援します。

なおアプトリーではリモートワーク導入支援も行っています。働き方を柔軟にして、事業成長の可能性を広げてみませんか?

ぜひお問い合わせください。

 

 

アプトリーはリモートワーカーと企業様を繋ぐサポート事業を行っています。

  • 新規事業の設計開発が一気通貫が得意です
  • 納品よりもビジネスの成功にコミットします
  • スクラムのチーム開発も得意です

少しでもご興味を持っていただけた方はお気軽にお問合せください。

アプトリーのウェブサイト

\
\
\
いつも応援ありがとうございます
/
/
/
佐々木 僚

佐々木 僚

アプトリーのWEBライター。 リモートワークを身近な存在にするために、自社内での実例など交えながらせきららに記事を書いていきます。 実業務では主にPHPを。HTML,CSS.JSなどは使いますが…というレベルです。 リモートワークを導入してみたい。どういったものなのかを知りたいという方向けに掘り下げた記事を主に作成します。

新規開発をしたい・リモートワークで働きたい方

資料請求・無料相談はこちら