仕事ができる人材を見抜く9つの面接の質問項目

      2018/03/28

こんにちは歌川です。

面接で聞く質問は決まっていますか?
面接は会社と求職者にとっても運命を決める真剣勝負の場です。

基本的な見極めは、『【採用担当必見!】人材を採用するか見極める4つのポイント!』でお伝えしましたが、今回は仕事をできる人を見抜くという観点でみていきます。

僕は会社員から人材採用やインタビュアーとして相手を引き出すことに注力してきたので、
その経験からお伝えします。

仕事ができる人とは?

仕事ができる人とはどのような人でしょう?
これは非常にシンプルで、あなたの会社で必要としてる人です。

これが明確でないと、一般的に優秀だと言われる人を採用しても能力を発揮してくれません。

営業、マネジメント、事務管理など、求める人は会社によって違うので、
一般的な仕事ができる人というよりは、自社に必要な人材とは?という観点で考えましょう。

仕事ができる人を見極める質問


出来る人材を見極めるにはどのような質問をすればいいでしょうか?
当たり前ですが、直球で聞いても、出来ます!やります!と言うだけなので、事例を出しながら質問しましょう。

仕事の優先順位を決められますか?

仕事をドバっと任されて、何を優先すべきか判断できる人は間違いなく仕事ができます。
そのような人材を見決めるには、このような質問をおすすめです。

■質問
自分のキャパ以上の仕事を多く任されたら、どのような方法で優先順位を決めて仕事しますか?

■正解
部署の目標を認識して、一番履歴に繋がる仕事から片づけていきます。

■不正解
お願いされた仕事の順番通りに処理していきます。

この答えのキモは、自分の立場を客観的に理解しているか?
ということです。自分勝手に仕事を進めたら必ず成果は出ません。

時間・納期を守りますか?

時間や納期を守るのは、ビジネスマンとして当たり前のことです。

■質問
打ち合わせに10分程度遅れそうなときはどのような対応をしますか?

■正解
クライアントへどのぐらい遅れるかを連絡入れます。

■不正解
とりあえず急いで行きます。

チームワーク力が高いですか?

これはコミュニケーション能力が高い場合です。
どんな仕事でも仲間がいないと拡大はしていきません。

きちんとコミュニケーションと取っていくことが非常に重要なポイントなのです。

■質問
これまでチームとして活動してきたことは何かありますか?

■正解
キャパオーバーの仕事を同僚と分散して、成果を上げました。

話を結論から言う

仕事ができる人は、話が端的で結論から言います。
結論を言わずにダラダラ話をする人は、相手の時間を取るだけで仕事ができる人とは言えません。

これは質問をしたらすぐ回答が出るかどうかで分かりますよね。

身だしなみが整っている

身だしなみはビジネスマンにとって必須です。

もちろん、面接ではスーツで来ると思いますが、
日ごろの勤務も含めてTPOに合った服装が必須です。

■質問
好きな服のブランドなどありますか?

■正解
そうですね。〇〇などではよく買い物をします。

■不正解
いえ、まったく服には興味がありません。

ストレス耐性が高い

仕事では、クレームや思いもよらないストレスを感じることでしょう。
そんな中でもしっかりパフォーマンスを上げるには、ストレス体制がどのぐらいあるかを見極めたいところです。

■質問
あなたがこれまで仕事で一番苦労したことを教えてください。
それをどのように対応しましたか?

言葉使いがしっかりしている

これも社会人としては、とても必要なスキルです。

【重要!】面接後の態度をみる

面接終了後も見極めのポイントです。
無理している方は安心すると必ずボロがでます。

 

いかがでしょうか。
仕事ができる人を見抜いて納得のいく人材を採用しましょう。

======
■求職者100以上登録!会津・仙台の人材紹介
人材を募集している方はこちら

■エンジニア不足でお困りではありませんか?
エンジニア人材紹介

■自分に合う仕事探しをしている方へ
後悔しない仕事選びをしませんか?

■最新情報はLINEの友達追加を!
友だち追加

いいね !をしていただくと
最新記事をお届けします♪

Twitter で
The following two tabs change content below.

歌川貴之

『働き方を選べる社会を作る』を目標に、WEBやアプリの受託開発やフリーランスの人材紹介をしています。社員全員がフルリモートで勤務している。音楽業界で全国の地域で仕事をした経験を持つ

 - 面接方法(採用・雇用ミスマッチ防止)