リモートワークのフリーランスエンジニア開発外注方法を学べるWEBメディア

リモートワークのフリーランス活用WEBメディア

【E-bookをプレゼント】

人材採用の起爆剤!
今までのノウハウを全部つぎ込んで無料配布中。

これを読めば、確実な人材採用方法を学べます。
是非、ビジネスにお役立てください。

ダウンロードはこちら
※無料メールマガジン登録でダウンロードできます。

開発実績!「フリーランスと共同でアジャイル開発を行う方法」エール株式会社様

2019/07/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社アプトリーの代表。リモートワークを導入したプラットフォームを作り、フリーランスエンジニアと共同でソフトウェア開発をしています。UI/UXデザインを活かした新規事業設計が得意です。 本社:会津若松/支社:東京・仙台

プロダクト開発をお手伝いさせていただいた企業様の声をご紹介します。
アプトリーはフルリモートワークの優秀フリーランスエンジニアを紹介しています。

なぜ、アプトリーのエンジニアを選んで開発を行ったのか?
プロダクト開発をお考えの方は是非ご覧ください。
開発を行ったエンジニアの声もお伝えします。

開発情報

エール株式会社様
「働く楽しさがつながる世界」をビジョンに掲げ、
社員の自己理解と行動変容を促進するクラウド1on1サービス「YeLL」を提供。
性格やコミュニケーションの解析データを元に、世界中にいる多種多様な社外メンターを社員1人1人にアサインし、定期的に1on1を実施します。

■インタビューをした方

・技術責任者 眞鍋明氏
BtoB向けの開発を経て2018年にエールに参画。
フルスタックエンジニアとして、エール全体の開発を担当。
アジャイル開発が得意で、1児の父でもある。

■開発内容
サービスの新規機能追加

■アサインしたエンジニア
Tさん 大阪在住 20代 男性 フルスタックエンジニア
語学サービスのCTOとしてゼロイチ開発を経験し、新サービスのアジャイル開発が得意。

ベンダーロックに懸念があり優秀なフリーランスを探していた

 

歌川
歌川
真鍋さんいつもお世話になります!今回は、開発内容を伺います。よろしくお願いいたします。

 

はい!こちらこそ、よろしくお願いいたします。
真鍋
真鍋

 

歌川
歌川
御社では、他の協力会社と開発をしていましたが、今回アプトリーと開発をしようと思った経緯はどのあたりになりますか?

 

そうですね、いくつか理由があるんですが、まずは内製化に向けてベンダーロックしたくなかったというのが理由です。
単価感などリスクがありますし、1社でやるよりは優秀なフリーランスとコネクションがあった方がいい思っていたんです。
真鍋
真鍋

 

歌川
歌川
なるほど。ただ、取引会社を増やすと、コミュニケーションコストはかかるじゃないですか?
さらに、今までお付き合いがある協力会社は安定感があるので、1言えば3や4分かるようなイメージかなと。
そのメリット以上にベンダーロックにデメリットを感じたのですか?

 

そうですね。僕が元々BtoBの仕事をしていて、実はベンダーロックで痛い目を見ているという経験があります。
それと、別な理由は歌川さんのサービスに対する共感力が決め手でもありました(笑)
真鍋
真鍋
歌川
歌川
ありがとうございます(笑)
ちなみに、他にアウトソーシングを頼もうとすると既存の協力会社から印象が悪くなったりします?

 

いえ、それはなかったですね。当初から内製化していきたいという話をしていて、その一歩として優秀なフリーランスと仕事をしてコントロールしたいという考えがありました。
真鍋
真鍋

 

フリーランス活用で開発のスピードを上げたい

歌川
歌川
そうだったんですね。その内製化をしたい理由を伺えますか?

 

開発のスピード感を上げたいという思いと、テクノロジーをもっと活用したサービスにしていきたいという思いがあります。
サービス設計して、プロトタイプ作ってリリースを短いサイクルで回すときは内製がいいですよね。
真鍋
真鍋

 

歌川
歌川
スピードですね。ちなみに、現状のアウトソーシングの開発方法は、ウォーターフォール型だったんですか?

 

いえ、外注もアジャイルでしたが、内製よりは速度は落ちますよね。
真鍋
真鍋

 

歌川
歌川
なるほど。けどそのニーズだと、ぶっちゃけフリーランスよりも正社員の方がいいんじゃないですか?
フリーランスでもアウトソーシングなので違いはあります?

 

違いはあると思います。
フリーランスはアウトソーシングの中でもより社員に近い形でやり取りできると考えています。
細かい要望をすぐ聞いてくれて、ハッキリ意見を言っていただき、その上で柔軟に動いてくれるところが開発のやりやすさだと思います。
真鍋
真鍋

 

もちろん、メリットデメリットはあって、個人だと代わりの人がないってのはマイナスだと思いますけどね。
真鍋
真鍋

 

歌川
歌川
ありがとうございます。リモートワークの抵抗感とかはあったりしますか?
先ほどのスピード感だけでいうと、フリーランス常駐の方が早いと思うんですがいかがでしょうか。

 

そうですね。他の会社様には参考にならないかもしれませんが、弊社自体がリモートワークを取り入れているのでまったく抵抗がありませんでした(笑)
なので、リモートワークでしっかり仕事ができるのか?というところは、アサイン前にかなり見させていただきました。
真鍋
真鍋

 

歌川
歌川
たしかに、今回2名提案させていただきましたが、面談でもリモートワークの経験はかなり聞いていましたね。
面談してみて、エンジニア採用の決め手になったところは他にありますか?

 

僕が自分より若いエンジニアが好きってところがありますね(笑)
あとは、うちのサービスに対する共感力はかなり重視していました。やはり普通の外注会社だと誰がくるかわからないところがあるので、そこは求められませんが、対フリーランスだと面談の過程でしっかり見れるのがいいですよね。
アサインいただいた方も面談で色々な開発提案をしてくれたので、そこが決め手になりました。
真鍋
真鍋

 

歌川
歌川
ありがとうございます。人材紹介に近い形で必ず面談をしてもらっているので、良い結果になり嬉しいです。

 

 

リモートワークはコミュニケーションが最重要

歌川
歌川
続いて、開発中の話を伺いたいのですが、ぶっちゃけトークで開発前の期待値と実際に開発した期待値は変わりましたか?

 

期待値通りで、上回りはしなかったですね(笑)
今回は期間が短かったこともあったので、本音ではキャッチアップに時間をとられて欲しくないと思っていました。
でも少し時間がかかってしまった。なので、キャッチアップの時間がさらに早かったらばお良し!でしたね。
真鍋
真鍋

 

歌川
歌川
では、その中で開発中の良かった点を伺えますか?

 

返答が早いところですね!Slack(チャットツール)のコミュニケーションに抵抗がなく、疑問点など的確に共有いただきばっちりでしたので、レスの速さは押さえておく必要があると思います。とてもよかったですね。
真鍋
真鍋

 

歌川
歌川
リモートだからこそ、コミュニケーションが大事ですよね。スキルはもちろん、コミュニケーション能力が高い方のみを厳選してご紹介しているので嬉しい限りです。

 

その次が、仕事の内容に関わらず率先して開発してくれるところです。
このような課題があるんですよねと相談すると、やります!と言ってくれて、前向きな姿勢は素晴らしいと思います。
やはりサービスに共感しているからこそですよね。選択肢をいくつか提示した際に、しっかり優先順位を決めていただいたところは感謝です。
真鍋
真鍋
歌川
歌川
なるほど。スキル以上にやはり共感が大事ですね。

 

スキルは最低条件しかなくて、やってないと分からないので、共感は必須だと思います。
真鍋
真鍋

 

歌川
歌川
その他に、要望などありますか?

 

そうですね。これは弊社側の問題なんですが、企画の段階でスタックしてしまうことがあったので、そこも巻き込みながらできたら良かったですね。次からは開発前に伝えて行こうと思います。
真鍋
真鍋

 

 

いかに共感をしてくれるかがポイント

歌川
歌川
ありがとうございます。では、これからフリーランスやリモートワークを取り入れようとしている会社さんに対して、アドバイスをいただけますか?

 

皆さんもよく言いますが、コミュニケーションが取れるかを最優先した方がいいと思います。
それがないと何も進まないので。あとは、何度もですがサービスに共感してくれるかどうかですね。従業員に近いところで判断してくれるので、共感を確認できるプロセスを導入するのがおすすめです。
特に、共感は僕たちから直接言う必要がありますよね。
真鍋
真鍋

 

歌川
歌川
開発前のプロセスが一番大事ですよね。
歌川
歌川
なるほど。そして、今回エンジニアの紹介~稼働まで2週間ぐらいだと思いますが、時間的にはいかがでしょうか?

 

そうですね。
稼働まで2週間となったのは社内の意思決定込だったので、最速で対応してもらえたので感謝しています。
真鍋
真鍋

 

歌川
歌川
真鍋さん、本日はありがとうございました!今後のサービス開発もお手伝いさせてください!

 

こちらこそ引き続きよろしくお願いします!!!
真鍋
真鍋

開発をしたエンジニアの感想

リリース済みのプロジェクトで、開発言語は主にRuby on Railsでフロントエンドには一部Vue.jsを採用していました。

ミーティングなども含めて全て、仕事はリモートで完結しました。開発チームのメンバーとは1度も対面でお会いしていませんが、
開発とコミュニケーションにおいても困ることなく仕事ができました。
もともとリモートワークやスクラム開発に慣れている開発チームだったことと、僕自身もスクラム開発の経験が多かったことが役に立ったのかなと思っています。

眞鍋さんはすごく優しい人で、仕事もやりやすかったです。
リモートワークでも開発しやすいように、細かなところまで気配りしていただいたので、助かりました。
ありがとうございました!


アプトリーはリモートワーカーと企業様を繋ぐサポート事業を行っています。

  • 新規事業の設計開発が一気通貫が得意です
  • 納品よりもビジネスの成功にコミットします
  • スクラムのチーム開発も得意です
 

少しでも興味を持っていただけた方は下記のお問い合わせより連絡をいただければと思います

いいね !をしていただくと
最新記事をお届けします♪

Twitter で

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リモートワークのフリーランス活用WEBメディア , 2019 All Rights Reserved.