フリーランスエンジニアが評価されやすいスキルシートの書き方

フリーランスエンジニアが評価されやすいスキルシートの書き方

フリーランスエンジニアにとってスキルシートは、あなたの“顔”になる重要なツールです。
今回はエージェントとしての視点から、評価されやすいスキルシートの書き方をまとめていきます。

量よりも質

多くの経験を一行程度でまとめてしまうよりも、1つの経験についてできるだけ詳細の情報を書く方が評価がされます。

・悪い例:
医療系のシステム保守案件でPHPをメインに開発をしました。

・良い例:
大手医療法人のクライアントにて、10名のエンジニアチームの一員として、PHPを使いシステム保守開発を行いました。
特に力を入れたところは、〇〇で納期が近くなった際は、フロント開発も担い、フルスタックとして活動しました。

見ているポイントはチームとしてやれるか?

クライアントは「このエンジニアがうちのチームでパフォーマンスを出せるか?」を気にしています。つまり、スキルのマッチングは前提としつつも、現在の開発チームとの相性・親和性をチェックしているのです。
そのため、自分のスキル以外にも過去どのようにコミュニケーションを取ってきたかといった内容も盛り込みましょう。

趣味の話もOK

趣味などはプライベートな内容でスキルシートとは関係ないと一見思いがちですが、親近感が出るので是非書いてほしいと思います。
クライアントも“人”であり、開発チームに直接または関節的に関わるチームの一員です。共感してもらえるポイントを、趣味の話を通して増やしてみましょう。

スキルシートを無料でプレゼント!

最後に、すぐに使えるExcelスキルシートのテンプレートを、無料でプレゼントします!
下記お問い合わせから、備考に【スキルシートプレゼント】と明記の上お気軽にご連絡ください。
■お問い合わせ

アプトリーはリモートワーカーと企業様を繋ぐサポート事業を行っています。

  • 新規事業の設計開発が一気通貫が得意です
  • 納品よりもビジネスの成功にコミットします
  • スクラムのチーム開発も得意です

少しでもご興味を持っていただけた方はお気軽にお問合せください。

アプトリーのウェブサイト

\
\
\
いつも応援ありがとうございます
/
/
/
歌川貴之

歌川貴之

株式会社アプトリーの代表。 リモートワークのIT人材マッチングサービスNACODER's(ナコーダーズ)を運営しています。 完全審査のスキル+共感採用でビジョンマッチングを実現。好きな人と働ける社会を創る。全社員フルリモート

新規開発をしたい・リモートワークで働きたい方

資料請求・無料相談はこちら