リモートワークのフリーランスエンジニア開発外注方法を学べるWEBメディア

リモートワークのフリーランス活用WEBメディア

【E-bookをプレゼント】

人材採用の起爆剤!
今までのノウハウを全部つぎ込んで無料配布中。

これを読めば、確実な人材採用方法を学べます。
是非、ビジネスにお役立てください。

ダウンロードはこちら
※無料メールマガジン登録でダウンロードできます。

リモートワークでの生産性を高めるために意識しておくべきこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アプトリーのWEBライター。 リモートワークを身近な存在にするために、自社内での実例など交えながらせきららに記事を書いていきます。 リモートワークを導入してみたい。どういったものなのかを知りたいという方向けに掘り下げた記事を主に作成します。

少子高齢化により人材確保が急務となる中、働き方改革の一環としてリモートワークの必要性が高まってきています。

オフィス以外でもネットを活用して働くことが出来るため、今までは出来なかった仕事も出来るようになったりと、メリットもたくさんありますよね。今回はそんなリモートワークの生産性についてスポットを当てて記事を書いていきます。

リモートワークで生産性が上がるといわれるわけ

リモートワークで仕事をすると生産性が上がるのではないか?と言われています。

リモートワークは自宅で仕事をするというのが大前提なのですが、仕事は静かで快適な慣れ親しんだスペースで仕事をするほうが生産性が高まることがわかりました

。オフィス以外で仕事をするといってもカフェやコワーキングスペースなどもありますが、やはり、自分がなれている環境ではないので、どうしても落ち着かなかったり、集中できなかったりします。

ですが、自宅なら自分が住んでいるスペースなので、落ち着いて仕事が出来るため、生産性が上がりやすいです。誰にも見られていないので気を使わずに仕事が出来るのも大きなメリットです。

ですので、リモートワークでネットで仕事をするということ以外にも環境の問題で仕事の効率が良くなります。

●生産性を上げる工夫について

生産性を上げるためには同じ仕事や仕事の流れや量が大きく変わらなければものすごく生産性が良くなるというわけではありません。

生産性を上げるにはやはり、それなりの環境づくりが大切ですね。では、どのような工夫をすると生産性があがるのかをひとつずつ紹介します。

デジタルな仕事環境に

リモートワークではオフィス以外から情報を共有でき、仕事を進めるための仕組みが必要です。具体的には紙で行う仕事をなくし、サーバーからクラウドストレージ上で文書管理、メールからチャットなどにすると良いでね。そして、どこからでも共有データにアクセスできる環境にすると仕事の効率もよくなり、生産性があがるでしょう。ネットでの仕事がほとんどなので、ネットですべてが完了できるような環境づくりが必要です。

コミュニケーション

チームで仕事に取り組むことが多いと思いますが、リモートワーク同士だとお互いにどれくらい仕事が出来ているかがわかりにくいのがデメリットです。オフィスで仕事をしていれば、お互いに話し合って、仕事を共有できるのですが、リモートワークになると、簡単にはいきません。また、上手くコミュニケーションが取れないと反対に生産性が下がってしまうこともありえます。

 

そこで、ネット上で定期的に仕事がどのように進んだかをみんなで報告しあうという形をとることで、効率的に仕事をすすめることができます。

もし、時間があれば、定期的に集まり、顔を見ながら交流が出来る機会を設けるのが良いですね。また、どうしてもお互いに仕事をしている環境が遠くて出来ないのなら定期的なビデオ会議などをするのも有効です。チャットだけでなく、直接顔を見ながら仕事の話が出来る環境づくりがあればさらに仕事の生産性があがります。

働き方にも工夫を

実際にネットで仕事をするという事以外にも少しの工夫で仕事の効率自体をあげることができます。どのような工夫で生産性をあげられるかを紹介します。

自分のタイプを知る

家で仕事が出来るということは、自分の好きな時間に仕事が出来るということです。

たとえば朝型タイプの人は朝に仕事をするとはかどりますし、夜型タイプの人は少し遅めの時間の方がはかどりますね。

同じように仕事をするなら自分が集中が出来る時間に仕事をするのが一番なので、まずは自分がどの時間が集中が出来るかしることが大切です。また、どうしても集中できない時間はあえて仕事をしないということも大切です。

プロジェクトにもっとも良い時間

良い時間とは人によって違います。リモートワークは自分に合った環境で仕事が出来るのが最大のメリットになります。

ですので、もっとも良い時間帯というのは人によって違います。例えば、エネルギーがもっとも高まる時間、パートナーや子供に仕事の邪魔をさせられる可能性が低い時間帯、会議の予定がなくまとまった時間などですね。これは、人によってもちがうので一概に「この時間が良い」とは言えないのですが、自分にとって仕事をしやすい時間帯に仕事をすることで生産性を上げることができます。

家庭の事情で家でしか仕事が出来ないという人は特に自分にとって都合が良い時間帯というのがありますよね。ですので、その時間帯をフル活用して仕事に望みましょう。

 

ルーチンを守ること

自宅で仕事をしていて余分な残業をするのは生産性が良いとはいえないですよね。

残業を最大限に効率化するには、ルーチンをつくることです。毎日のルーチンが決まっていれば次に何をするかがわかっているので、考える時間は減り、生産性が上がります。

そのため、一日のスケジュールを立てて、基本的にはそれをルーチンするようにしてください。

そうすれば、仕事をやり忘れるということもないですし、今どれくらい仕事が進んでいるかなどもある程度把握することができます。

毎日やることが決まっていれば、仕事の効率もよくなり生産性も上がるでしょう。また、一日のスケジュールを立てることでどうやったら仕事が一番効率よく出来るのかがわかるようになるので、ルーチンすることはとても大切です。

●まとめ

このように、リモートワークの生産性について紹介しました。これからリモートワークを導入しようと思っている企業も、生産性について悩んでいる人が多いですね。リモートワークにすることで、生産性が落ちてしまったら、仕事をする意味がなくなってしまいます。リモートワークにするなら生産性を上げられるようにしたいですね。

 


アプトリーはリモートワーカーと企業様を繋ぐサポート事業を行っています。

  • 新規事業の設計開発が一気通貫が得意です
  • 納品よりもビジネスの成功にコミットします
  • スクラムのチーム開発も得意です
 

少しでも興味を持っていただけた方は画面右下にありますチャットからお気軽にお問合せしていただければと思います。

いいね !をしていただくと
最新記事をお届けします♪

Twitter で

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リモートワークのフリーランス活用WEBメディア , 2019 All Rights Reserved.