【仕事が捗る!】集中してリモートワークを行うための方法8選

【仕事が捗る!】集中してリモートワークを行うための方法8選

 

コロナ禍で働き方が急激に変わり、リモートワークを取り入れる企業が増えました。オフィスに出勤をしていた頃はリモートワークに憧れていたけど、実際にリモートワークをしてみるとあなたが思い描いていたリモートワークとのギャップを感じている人も大勢いるのではないでしょうか。

今回の記事ではその中でも「あれ、リモートワークって全然集中できない」問題の解決策を紹介します。

リモートワークが導入されたものの、イマイチ集中して仕事に取り組めない方はぜひ参考にしてみて下さい。

リモートワークを集中して行うためにオススメする方法

  1. 集中できない原因を理解する
  2. オフィス環境を自宅で再現してみる
  3. 1日のスケジュールを作成する
  4. 時間を区切る(ポモドーロテクニック)
  5. 適度な雑音を取り入れる
  6. 「家=休む場所」にする
  7. 昼食に気をつける
  8. 昼寝する

あなた自身に合うものを見つけ出してみて下さい。

 

集中できない原因を理解する

まず一つ目に行って欲しいことが「集中できない原因を見つける」です。「集中する方法」に目がいきがちですが、まずは「集中できない原因」を見つけることが大切です。在宅で仕事をする場合「いつでもスマホが触れる」「ベッドが近くにある」「家は休憩する場所だから仕事とかできない」などなど人によって様々ですが、必ず原因があります。

原因を見つけることができれば対策をしましょう。スマホは電源を切って、他の部屋に置いておく。ベッドが近くにあるなら、他の部屋で仕事をする、ベッドを辞めて布団を使用し、毎朝しまうようにするなど、方法はいくらでもあります。まずは原因を突き止めて、対策を施してみて下さい。

オフィス環境を自宅で再現してみる

在宅で集中力を高めて仕事に取り組みたい方は「家でオフィス環境を再現する」を試してみて下さい。オフィスでの環境を再現することで、脳が自然と仕事モードに切り替わり集中して仕事が行えるようになります。デスクやイスを変えるだけでもとても集中しやすくなりますので、小さなところから変えてみて下さい。在宅で仕事をする場合、パジャマやラフな格好で仕事をしている方が多いですが、これまで同様の服装に着替えるだけでも集中力はすごく変わってきます。

 1日のスケジュールを作成する

一日の流れをスケジュール化すると、タスクが常に明確で、余計なことを考えなくてよくなるため集中して仕事をしやすくなります。次のタスクが定まっていなければ、一つのタスクが終わるたびに、次は何をするか考えなければいけなくなり、一旦集中が切れてしまうことが多いです。そのようにならないためにも、スケジュールを作り、常に何をやるべきか明確にしておきましょう。

 時間を区切る

上記作成したスケジュールを元に、明確化されたタスクを区切られた時間内に行うことで集中力がぐんっとアップします。具体的には「25分仕事をして5分休憩」の30分間隔で区切るのです。この方法をポモドーロテクニックと呼びます。

ポモドーロテクニックのメリットは集中力の維持、マルチタスクの防止、オンオフがはっきりとするなどがあります。

方法はいたってシンプルで、やらなければいけないタスクを決め、25分間タイマーをセットし、取り掛かる。タイマーがなれば5分間休憩を取る。これを繰り返すだけです。

ここで大事なポイントが「5分休憩には絶対他の業務、タスクをしない」こと。タスクが終了していなくても休憩を取るのです。休憩時間に仕事を行ってしまうと、25分間の作業時間の集中力が下がってしまい、結果的にあまり効果が出ないという状態になってしまうことがあります。オンオフの切り替えを上手に行うこともビジネスマンとして大事な要素ですので、休憩はしっかり取るようにしましょう。

また実際に行ってみるとわかることなのですが、25分間はあっという間に過ぎていきます。この切迫感により、集中力が研ぎ澄まされていくようになります。

適度な雑音を取り入れる

雑音を取り除いて集中力を高めようとする人がいますが、人は無音だと反対に集中できなくなってしまいます。一人で静かな家にいても集中できない理由がこれで、集中するためには適度な雑音が必要なのです。

比較的静かだけど、少し話をしている人達がいるカフェなどはおすすめです。話しているけど何を言っているかわからないくらいが個人的には1番集中できます。店員が仕事をして出る音などもちょうどいい雑音です。

適度な雑音が見つからない場合は、Youtubeに様々な心地いい雑音がアップされていますので、ぜひあなた好みの良い雑音を探し出して試してみて下さい。

「家=休む場所」にする

リモートワークで、在宅で仕事をしなくても良い場合、家以外を仕事場にするのも一つの手です。家をこれまでは主に「休む場所」として使用してきたと思います。その場所をいきなり仕事場にするのは困難です。

そのため、これまで通り家は休む場所として使用し、仕事をする場所を家の「外」に作ることでオンオフをつけることができ、集中力もアップします。例えば、Wi-fi完備で、充電ができるカフェ、コワーキングスペースを借りるのもいいでしょう。

また、カフェなどを利用するメリットとしましては、いつでも気分転換ができる点です。毎日同じカフェで働いていれば飽きてしまい、集中できなくなることもありますが、飽きれば違うカフェに行くことで気分をリフレッシュでき、また新たな気持ちで仕事に取り組むことができます。適度な気分転換を常に行えるため、ストレスを感じづらく、疲れも溜まりにくくなりますので健康面を考えてもオススメできます。

昼食に気をつける

お昼過ぎによく眠たくなることはありませんか?ご飯を食べたらいつも眠たくなって仕事どころではなくなるような経験をしたことがある人はたくさんいると思います。

これは血糖値が急激に変化することで、眠気を感じるようになると言われています。空腹時に炭水化物などのご飯を急に食べることで、血糖値が急に上がり、それを抑えるためにインスリンというホルモンが大量に分泌されます。そうすることで今度は低血糖な状態になり、脳が栄養不足と感じ、眠気を感じるようになるのです。

ゆっくりよく噛んで食べる、野菜を先に食べることで糖質の吸収を穏やかにし、昼食後の眠気から回避することができます。

昼寝する

集中でいないときは一層のこと昼寝をしましょう。15分程度の昼寝がベストです。昼寝をすることで頭がスッキリとし、また集中をして仕事に取り組むことができるようになります。昼寝は企業によって推奨されている、されていないがありますが、昼ごはんを食べる時間に、ご飯の量を減らすなどの調整をして昼寝するための時間を作るのもありです。

まとめ

リモートワークを集中して行うための対策として下記8つの方法を紹介しました。

・集中できない原因を理解する
・オフィス環境を自宅で再現してみる
・1日のスケジュールを作成する
・時間を区切る(ポモドーロテクニック)
・適度な雑音を取り入れる
・「家=休む場所」にする
・昼食に気をつける
・昼寝する

ぜひ試してみてください。しかし、人それぞれ合う、合わないがあります。仮に8つ全て当てはならない場合はあなた自身で見つけ出してみて下さい。あなた自身で見つけ出す方がきっと、納得のいく対策が見つかることでしょう。

アプトリーはリモートワーカーと企業様を繋ぐサポート事業を行っています。

  • 新規事業の設計開発が一気通貫が得意です
  • 納品よりもビジネスの成功にコミットします
  • スクラムのチーム開発も得意です

少しでもご興味を持っていただけた方はお気軽にお問合せください。

アプトリーのウェブサイト

\
\
\
いつも応援ありがとうございます
/
/
/
佐々木 僚

佐々木 僚

アプトリーのWEBライター。 リモートワークを身近な存在にするために、自社内での実例など交えながらせきららに記事を書いていきます。 実業務では主にPHPを。HTML,CSS.JSなどは使いますが…というレベルです。 リモートワークを導入してみたい。どういったものなのかを知りたいという方向けに掘り下げた記事を主に作成します。

新規開発をしたい・リモートワークで働きたい方

資料請求・無料相談はこちら