リモートワークのフリーランスエンジニア開発外注方法を学べるWEBメディア

リモートワークのフリーランス活用WEBメディア

【E-bookをプレゼント】

人材採用の起爆剤!
今までのノウハウを全部つぎ込んで無料配布中。

これを読めば、確実な人材採用方法を学べます。
是非、ビジネスにお役立てください。

ダウンロードはこちら
※無料メールマガジン登録でダウンロードできます。

PHP言語の特徴やどういった業務が得意なのかについてご説明します

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アプトリーのWEBライター。 リモートワークを身近な存在にするために、自社内での実例など交えながらせきららに記事を書いていきます。 実業務では主にPHPを。HTML,CSS.JSなどは使いますが…というレベルです。 リモートワークを導入してみたい。どういったものなのかを知りたいという方向けに掘り下げた記事を主に作成します。

PHPエンジニアは需要も多いため、かなり注目度が高いです。

初心者でも取り組みやすい言語でJavaの次に人気が高いプログラミング言語です。

PHPはウェブページの動的な動きを出す場合に有効

PHPエンジニアの業務内容は、Webページの制作において動的な動きを行いたい場合には最適です。

Webサービスとして使用度が高い検索システムやブログなどでPHPを利用してプログラミングすることが多く、サーバやデータベースと連携するような組み込みを行います。

 

Webシステム開発にはPHPを利用するケースが多いため、Webの運営やシステム開発には最適です。

新規オリジナル業務用システム作成の流れや導入成功のコツなどをお話しします

 

更新頻度が高いECサイト・ソーシャルゲームはPHPを用いることで動きが軽やかになります。

初心者でも取り組みやすい言語なので、システム開発初心者の方でも手軽に取り組みやすく、エンジニアとしてのスキルを積み上げていくには良い機会になります。

Webシステム開発において、PHPを利用して定期的に更新を行うことで顧客を増やしていくことに繋がります。

 

今はネットショップを運営している会社が多いため、やはりこうしたPHPエンジニアは魅力的だと言えます。開発案件では、グループウェアや・予約システム・検索システムなど、PHPでプログラミングすることでスピーディに情報収集できるのも特徴です。

サイト内の動きを軽やかにし、欲しい情報を上手に検索できるようなお客様方のニーズに答えるためにもホームページを使いやすく改良していくことは重要になります。

PHPの特徴としてWebに特化したサービスを開発する機会が沢山あるため、エンジニアの方はPHPのプログラミング言語を理解しておくと、システム開発に大きく関わることになります。

フレームワークの種類も多くCMSなどの相性もいい

PHPは、フレームワークの種類も多く、例をあげるとLaravel・CakePHP・Symfony・CodeIgniterなどのフレームワークが存在しています。フレームワークの特徴を理解した上で開発することが重要になります。CMSを利用する機会も多く、WordpressやMovableTypeなどPHPとは相性がよいため、エンジニアのかなり需要があります。

 

世界でもWebサイト・サーバなどで利用されているPHPは共通な部分が多いです。

 

フレームワークの中でも特に需要が伸びているのはLaravelです。

PHPのWebシステム開発に必要な機能が含まれているフレームワークは、業務の中で自動化できるようにデータベースからデータを抽出したり取得処理・ログイン認証処理など重要な役割を行っています。Laravelは、学習しやすくコストが低いため、初心者でも取り組みやすくてコードが書きやすいです。

処理をファイルやクラスにまとめることが可能になったルーティグは、URLと対応する処理を紐づけています。

Bladeはテンプレートエンジンを内包し、ミドルウェア、エラーハンドラ、データベース連携などWeb開発において必要なものを効率よく作業できます。PHPを連携する際に定型処理を行う機能がついているLaravelは相性がよいといえます。

 

今後においてPHPエンジニアに求められる技術とは、Webシステム開発する上でPHP以外の言語を理解しておくことで、かなり仕事の幅が広がります。

JavaScript・HTML5・CSS3・WordpressjQuery・Photoshop・Ilustratorなど、よくWebシステム開発する上では活用するため、スキルを身につけておくとフルスタックでホームページ上で組み込みながら動作確認を行い、上手に調整していくことができます。

更にRDBMSのテーブル・インデックス設計、データベースチューニングなどの知識があると理想的なウェブサイトの作り込み作業ができます。

 

また、ネットワークの設定や構築などの知識があると、ご自身で様々な角度から作業を行うことができ、柔軟な対応ができるエンジニアとして活躍することができます。近年、参画先で使用されていることが多くなっているのは、Slack・Github・Redmine・Backlogのツールです。

ツールを理解しておくことで、魅力的なエンジニアになります。フレームワークを活用することで、プログラムの記述量を大幅に削減できますし、工数をさげるなどPHPエンジニア初心者の方でも取り組みやすく、作業効率がアップするので無理なく作業ができるようになります。

今後の見通しとして、PHPを使ったWeb開発は拡大する可能性が高いですし、フレームワークニーズも伸びているため、Laravelなど学習しておくとPHPエンジニアにとって作業効率も上がります。PHPでコードを書きますが、美しいコードを書くためにフレームワークを用いることで、だいぶ負担を軽減することができ、PHPエンジニアとしての業務拡大するのも実感できるようになります。

 

アプトリーではバックエンドの業務として数多くのPHPエンジニア(フリーランス)の方に登録していただいています。

優秀なエンジニアをご紹介することが可能なので、興味を持った方はまずはアプトリーの登録エンジニアデータベースをご覧ください。


アプトリーはリモートワーカーと企業様を繋ぐサポート事業を行っています。

  • 新規事業の設計開発が一気通貫が得意です
  • 納品よりもビジネスの成功にコミットします
  • スクラムのチーム開発も得意です
 

少しでも興味を持っていただけた方は画面右下にありますチャットからお気軽にお問合せしていただければと思います。

いいね !をしていただくと
最新記事をお届けします♪

Twitter で

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リモートワークのフリーランス活用WEBメディア , 2019 All Rights Reserved.