来るもの拒まずの採用はアウト!離職が当たり前の職場では経営が安定しない理由

      2018/03/28

こんにちは歌川です。

先日、飲食店を3店舗経営している方と話をしました。
この店舗では、人が辞めるのは当たり前。

しかも、来るもの拒まずでいるので、応募があれば誰でも構わず採用しています。
その理由は二つ。
①人材は使ってみないと分からない
②どうせすぐ辞めるから先行して人を入れる必要がある。

飲食業界は慢性的な人材不足。現状を伺うと気持ちはよく分かります。
飲食店に限らず、このような採用方法を取っている会社は多いのではないでしょうか。

しかし、このような採用活動をしていると、社員が育たず経営が安定しません。
これが当たり前になると思うと恐ろしくて夜も眠れません。
なぜなのかをお伝えしていきます。

事例になる飲食店の現状を確認

冒頭事例を出した飲食店の採用状況です。

  • 来るもの拒まず応募は全員採用
  • 他の飲食店より給料を上げているので応募はちょくちょく来る
  • すぐ人が辞める
  • どうせ辞めるんだから教育なんてしない
  • 経営者はこれが当たり前だと信じ切っている

こ、これはいわゆるブラックの匂いがプンプンします。

適当な採用をしているとこんなデメリットがある!

人物を見ないで、来るもの拒まず採用をしている人材クオリティが下がります。
※ガチで

お客さんへの態度が悪い!

人材のクオリティが下がると、接客の態度が悪くなります。
飲食店ならリピーターなんて皆無です。

会社の物を盗む!

あ~これもよくありますね。
仕事にやる気のない人間は何を考えているかというと、『他人のものを盗む』ことしか考えていません。
こんな人材採用したら大変ですよ。

人間関係が最悪

もう目も開けられません。
確実に人間関係はぐちゃぐちゃです。

======
■採用ミスマッチゼロの人材紹介
人材を募集している方はこちら

■エンジニア不足でお困りではありませんか?
エンジニア人材紹介

■自分に合う仕事探しをしている方へ
後悔しない仕事選びをしませんか?

■最新情報はLINEの友達追加を!
友だち追加

いいね !をしていただくと
最新記事をお届けします♪

Twitter で
The following two tabs change content below.

歌川貴之

『人生を幸せに生きよう』を理念に、移住(田舎暮らし/上京)に強い職業紹介事業を行う。得意領域は営業、ITエンジニア。音楽業界で全国の地域で仕事をした経験を持つ

 - 面接方法(採用・雇用ミスマッチ防止)