リモートワークで好きな人と働こう!共感採用が学べるWEBメディア

【経験談】ITサービスの新規事業のほとんどが失敗する3つの理由

2019/08/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社アプトリーの代表。 リモートワークのIT人材マッチングサービスNACODER's(ナコーダーズ)を運営しています。 完全審査のスキル+共感採用でビジョンマッチングを実現。好きな人と働ける社会を創る。全社員フルリモート

こんにちは歌川です。

アプトリーに依頼をいただく開発案件の8割が新規事業開発になります。
新規事業はとてもハードルが高くほとんどが失敗すると言われています。

なので、新規事業の依頼をいただいたときに開発を行うかは慎重にクライアントを打ち合わせをする中で、
なぜ失敗するか経験して分かってきました。
今回は失敗する事例をまとめたので参考にしてみてください。

自分が作りたいものを作る

自分だけが作りたいものを作って自己満足のケースはかなり多いです。
それでも自分の課題解決になるプロダクトならいいですが、自分すら使わないプロダクトは確実に失敗しています。

エンジニアリングを理解していない

あなたがエンジニアでなければ、真っ先に開発できるエンジニアを採用するか依頼するかを見つける必要があります。
これは僕もエンジニアじゃないので苦労をしてきましたが、開発が分からないと失敗します。
なぜなら工数、納期、費用が全然合わないからです。
こうなると予算の立て方からすべて合わなくなります。

作って終わり

当たり前ですが、プロダクトは作って終わりでなく始まりです。
作るだけ作って顧客インタビューしないとそこから改善のしようがありません。

以上が良くある事例です。
そのため、ITの使ったサービスを開発する際は慎重に行うことが必要です。


 

【企業・エンジニア様へ】

現在アプトリーでは案件をご紹介いただける企業様、アプトリーに登録いただけるエンジニア様を募集しております。

今回の記事で興味を持って頂けた方はぜひ下記のボタンより問い合わせいただければと思います。

案件のご相談やリモートワーク導入についてのご質問は下記から

エンジニアの登録、案件情報を知りたい方は下記からお問い合わせください

Copyright© フリーランスエンジニアの活用WEBメディア , 2019 All Rights Reserved.