リモートワークで好きな人と働こう!共感採用が学べるWEBメディア

移住者を採用するメリットと方法!同地域より優秀な人材が集まる理由

2018/12/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社アプトリーの代表。 リモートワークのIT人材マッチングサービスNACODER's(ナコーダーズ)を運営しています。 完全審査のスキル+共感採用でビジョンマッチングを実現。好きな人と働ける社会を創る。全社員フルリモート

こんにちは歌川です。

今回は、アプトリーが得意とする移住者を採用するメリットと方法をお伝えします。
ちなみに、移住者は日本人以外にも外国人も含みます。

なぜ移住者をおすすめなのか?

移住というと『よそ者』ってイメージがありますよね。
特に僕の地元の会津は、歴史上、最後まで幕府についたので、頑固者が多いと言われています。

それなのに、なぜおすすめするのでしょうか?

「よそ者、若者、ばか者」が会社を変える

よくいうことですが、一言でいうと、『地域外の人材が活躍する』ということです。
なぜなら、同じ地域にいる人とは、まったく違う感性で物事を考えているので、新しい発想が生まれます。

人口減少でそもそも人材がいない

一番大きな理由は、人口減少でそもそそも人がいないことでしょう。
少ない人口から人材を集めても、他地域に比べたら質も量も違います。

ラーメン屋で例えると、その地域1店舗しかなくて、毎回同じラーメンよりも、
複数店舗あって選べた方がいいじゃないですか。

人材もこれに近いです。

他地域で活躍したいと考えている人材が多い

地方移住や上京で、今までのスキルを活かしたいと考えている方は多いです。
アプトリーもこの想いがきっかけで地方で起業しました。

移住者の採用方法

ここからはどのようにして移住者を採用するのかをお伝えします。

移住に強い人材紹介会社に依頼する

まさにアプトリーのような移住に強い人材紹介会社に依頼するのをおすすめします。
人材紹介会社の見極めですが、他地域にどのぐらい求職登録者がいるのか?
が肝になります。
しっかり確認しましょう。

ヘッドハンティング

良い人材がいたら積極的にヘッドハンティングするのをおすすめします。
SNSが普及しているので、どこにいても連絡が出来ます。

僕も東京の人材を口説いているところです。

知り合いの紹介

知り合いの紹介も大きな力になります。
しかし、ある程度の人脈がないとかなり厳しいのが現状です。

広告を打つ

広告を打つのもおすすめです。

移住者の面接方法

募集があれば、次は面接です。

待遇の考え方

もちろん、能力にあった待遇は決めるべきですが、
移住者だからと言って、ひいきにする必要がありません。

能力をしっかり見極める

待遇一つで行動が決まります。
能力を見極められないと良い人材は入社してくれません。

完全に別な人だと認識する

======
■即戦力の人材紹介(中途・新卒):移住者も多数
人材を募集している方はこちら

■エンジニア不足でお困りではありませんか?
エンジニア人材紹介

■最新情報はLINEの友達追加を!
友だち追加


 

【企業・エンジニア様へ】

現在アプトリーでは案件をご紹介いただける企業様、アプトリーに登録いただけるエンジニア様を募集しております。

今回の記事で興味を持って頂けた方はぜひ下記のボタンより問い合わせいただければと思います。

案件のご相談やリモートワーク導入についてのご質問は下記から

エンジニアの登録、案件情報を知りたい方は下記からお問い合わせください

Copyright© フリーランスエンジニアの活用WEBメディア , 2018 All Rights Reserved.