コスト削減!フリーランスエンジニアと直契約をするメリットデメリット

      2018/10/18

こんにちは歌川です。

フリーランスエンジニアと仕事をしている方は多いと思います。
その中で特に大事な契約方法です。

エージェントやSESを間に挟むのが良いのか?それとも直接フリーランスと契約するのが良いのか?
大きくこの2つになると思いますが、今回はフリーランスと直契約するメリットデメリットを見て行きましょう。

直契約のメリット

まずはメリットです。

プロのエンジニアにすぐ連絡ができる

エージェントを挟まなくていいので、気兼ねなくすぐに連絡ができます。
フリーランスとして起業する方なので、プロフェッショナルの方がとても多いです。

コスト削減になる

エージェントは報酬を中抜きしているので、直契約になる分、コストを下げられます。

直契約のデメリット

続いて直契約のデメリットをお伝えします。

音信不通になる場合がある

社員でもそうかもしれませんが、音信不通になる場合は一番怖いです。
間にエージェントがいれば、保証や別の人材を提案してくれます。

コミュニケーションが増える

エージェントを使っていれば、1回の連絡が済んだものを、複数人の場合は1人ずつ話す必要があります。

*******************
■アプトリーが力になること
①ホームページ/WEBシステム/アプリ開発はお任せください。
お仕事依頼とエンジニア紹介がセットでご提案できます

②プロフェッショナルのフリーランスエンジニアを紹介
毎月の固定費を変動費へ

③ベトナムのエンジニア紹介
勤勉なエンジニアをご紹介します。

■最新情報はLINEの友達追加を!
友だち追加

いいね !をしていただくと
最新記事をお届けします♪

Twitter で
The following two tabs change content below.

歌川貴之

『働き方を選べる社会を作る』を目標に、WEBやアプリの受託開発やフリーランスの人材紹介をしています。社員全員がフルリモートで勤務している。音楽業界で全国の地域で仕事をした経験を持つ

 - エンジニア人材採用方法, フリーランス(業務委託者)活用方法