リモート・テレワーク・在宅で仕事を探している方へのWEBメディア

【求人あり】フリーランスエンジニアがリモート在宅で働く方法

2018/10/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アプトリー 代表 歌川貴之/ 『働き方を選べる社会を作る』を目標に、WEBやアプリの受託開発やフリーランスの人材紹介をしています。社員全員がフルリモートで勤務している。音楽業界で全国の地域で仕事をした経験を持つ

こんにちは歌川です。

リモートで仕事を探しているけど常駐しかない
クライアントにリモートを提案しても受け入れてくれない

こんな悩みはありませんか?
今回はアプトリーが最も得意なエンジニアがリモートで仕事をする情報をお伝えします。
エンジニアがリモートをする場合に大きく2つの方法があります。

①常駐で仕事をして信用を得てからリモートへ移行する
②エージェントから紹介してもらう

詳しくお伝えします。

①常駐で仕事をして信用を得てからリモートへ移行する

周りでリモートをしている方はこのパターンが一番多いです。
いきなりリモートだと怖いので、企業側も一番安心する流れですね。

どのように進めるのかを具体的に見て行きましょう

クライアントが知り合い

一番、リモートに繋がるのは知り合いの紹介です。
やはり、ある程度信用があるため、
一定期間の仕事ぶりを見せたらリモートに移行しやすいです。

自ら交渉する

当たり前ですが、自らリモート移行の意思表示をしない限りは難しいのでしっかり伝えましょう。

②エージェントから紹介してもらう

続いてエージェント活用の場合です。
エージェントを使えばリモートの仕事を紹介してくれます。

結論から言うと、アプトリーでは受託開発+エージェントの両方のノウハウがあるので、どちらもご紹介できます。
お気軽にご相談ください。

経歴書をしっかり作る

エージェントもあなたの情報を武器に企業交渉を望むため、武器となる経歴書は必須になります。
そのため、ただ経歴書を書くだけではなく、書き方も非常に重要になります。

エージェントの見極めが必要

エージェントに依頼するときは、リモートの案件はどのぐらいあるか確認するのが必要です。
常駐になる場合もあるので注意が必要です。

■リモートワークのみのITエンジニア特集!
リモートのお仕事はこちら

■転職・就活の悩みは気軽にLINEチャットで!
いつでもどこでもプロに相談できます。
友だち追加

リモートのお仕事を探している方へ

■こんな方へおすすめです。
①パソコン1台で自由に働きたい
②子育てや介護で在宅の仕事を探している
③フリーランスで仕事を探している
④副業で空いた時間に仕事をしたい

UPTORY(アプトリー)問い合わせへ
問い合わせ

この記事を書いている人 - WRITER -
アプトリー 代表 歌川貴之/ 『働き方を選べる社会を作る』を目標に、WEBやアプリの受託開発やフリーランスの人材紹介をしています。社員全員がフルリモートで勤務している。音楽業界で全国の地域で仕事をした経験を持つ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© WORKTORY(ワクトリー ) , 2018 All Rights Reserved.