【ベーグル】佐藤裕一「都会と田舎を比較!住むのに適した判断基準」:後編

      2017/10/15

會ベーグルの店主 佐藤さんのインタビュー後編です。

※前編はこちら
佐藤裕一「脱サラして飲食店をやる最適なタイミングとは?」:前編

都会と田舎はどっちがいい?

-後半は、佐藤さんの地元、会津の魅力をお聞きかせください。

そうですね。私はずっと会津に住んでいて思うのが、やはり自然が豊かなところだと思います。

若いころはバイク乗ってたり、
今は自転車で山を登って猪苗代湖まで行ったり色々楽しんでいます。
やれる環境があるのは最高ですね。

自転車はやはり気持ちいいです。
最初は安い自転車でいいので、この気持ち良さを体感して欲しいです。

-逆に会津がもっとこうなった方がいいと思うところは?

都会の方からすると地方は何もないかもしれませんが、
それはメリットデメリットのどちらもあると思います。

住むなら田舎で、遊びは都会に行くのが性に合ってますね。

理想は若い人がもっと増えて、
全体が大きく少しづつでも伸びて行けばいいかなと思います。

音楽イベントの始め方


-店内で開催している音楽イベントのご説明をお願いします!

會ベーグル インストアライブと言う名前で毎月1回開催しています。
まあ、場所はそんなに広くないので、
アコースティック メインで開催しています。
開催していると言うか私もドラムで出演していますね。(笑)

若い人から我々のような年代まで多くの方が出演しています。

-音楽を始めたきっかけは?

そうですね。
若いころにバンドをちょっとやっていました。

一度は辞めてまたやりたいなと思っていた時に、
前職の会社でもバンドをやっている人がいたので一緒に組みました。

今もその頃からの繋がりがありまして、
群馬に単身赴任していたのですが、
そこでの音楽仲間もインストアライブに出演しています。

なので、お店を始めるときには
音楽イベントを開催出来るようなお店作りを初めから考えました。

現在は20.30人ぐらい入れるキャパになっています。

ベーグルを売りながらの販売なので、無料で普通のお客さんもライブを見れます。
出演者の方もノルマも何もないので気軽に連絡して欲しいですね。

ライブはママさんコーラス隊やクラシックなど、
何でもいいので、今後とも継続して行きたいと思います。

飲食店も失敗は恐れないで挑戦する

-これからお店を始めようと思ってる人へのエールをお願いします。

その瞬間に興味があったことに対して、
どんどんやってみるのがいいと思います。

そこで合わなければ、やらなければいいだけなので。

そして、人ですね。
色々な人の話を聞くのはとても大事なので、積極的に人脈は広げて欲しいです。

ただ、私は人脈づくりをしよう!と行動すると疲れちゃいますね。
趣味の中で広がっている感じはします。

-最後に一言お願いします。

メニューは日々20~30種類出しているので、
是非お店に来てご覧になってもらえればと思います。

また、通販にも力に入れています。

冷凍出荷で、大体一カ月ぐらいは普通に持ちます。
そのまま冷凍庫に入れてください。

上手く解凍すれば、ほぼ焼き立てと同じような食感で楽しめます。
HPからの注文やお電話でも対応しているので気軽にご連絡ください。

是非、音声でもお聴きください!

■會ベーグル
〒965-0042 福島県会津若松市大町一丁目8-13
Tel:  0242-23-7775
Fax:    0242-23-7776
営業時間: 9:30~18:00
定休日: 火曜日
駐車場: あり(3台分)
※通販もしています!

======
■仕事探しで絶対に後悔したくない方へ
インタビュー求人情報

■求職者から60分で3名の応募があった情報発信をしませんか?

■最新情報はLINEの友達追加を!
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

歌川貴之

インタビュー求人情報サイトを運営し、企業向けに販促用のコンテンツ制作をしている。個人事業主のお店から芸能人・上場企業の社長など、様々な職業1,000人以上に会ってきた。2018年に仕事と住居マッチングサイト『ジョブホーム』リリース

 - 職業インタビュー記事一覧