高所得の儲かる職業一覧!年収1000万越えて安定する仕事とは?

      2017/10/20

こんにちは歌川です。

職業選択では、仕事内容もですが、『給料』も大事ですよね!
様々な職業の方にインタビューしている経験から、どのような職業が儲かるのかまとめてみました。

仕事選びの参考にしてください。

エンジニア


エンジニアはかなりの人出不足です。
ある調査では、求人倍率は6倍です!
6倍ですよ。6倍。どれだけ人が足りないんだ。

パソコンがあれば作業が出来るので、自由な生き方をしたい!
と考えている人は、とってもおすすめです。

給料も人がいないので割高ですし、1,000万超えているエンジニアもゴロゴロいます。

不動産


昔からですが、今も変わらず高所得の業種。
動く金額が大きいので、利益も高く給料もいいです。
しかし、競合が多くレッドオーシャン。

不動産に入社したからと言って安心はできません。
違う角度のアプローチも必要です。

インタビューでも不動産「バースランド赤井さん」に出演してもらっているので、興味がある方は聴いてみてください。
不動産】赤井 宣彦 「ライバルに差を付けろ!最強の営業力の身につける方法」

医者


こちらも高所得の業種です。
特に、「眼科」がおすすめ。
機械が少なく、初期投資を抑えられるとのこと。お医者さんの機械はかなり高いみたいですね!
さらに、多くの方が近眼なので、需要はかなりあります。

インタビューでも新富谷S・Sレディースクリニックの院長のお話も参考になりますよ。
【産婦人科】遠藤 敦「医者を目指すために必要な想い」

弁護士


やはり弁護士も高所得!?
と思いきや、ビジネスのお手伝いをしてもらってる仲の良い弁護士がいるのですが、色々聞くと、ピンからキリまでですね。

弁護士になったからと言って仕事がバンバン入ってくる保証はないそうです。
需要と供給なので、弁護士が多くなるとその分減ります。

ただ、仕事の単価が高いので、有名な弁護士さんはかなりの収入になるとのこと。

上場企業


上場とは簡単に言うと、証券取引所で株式を売買する場のことです。
東京証券取引所の東証一部とかマザーズなどですね。

上場している会社は、2017年1月4日現在で、3,541社。
日本全体の会社は約400万社と言われているので、上場するのは、すごいことです。
※あえて上場しない会社もあったりします。

リサーチするとやはり給料も高水準です。
上場企業を目指すのもおすすめします。

僕も上場企業にもインタビューしているので紹介します。
⇒星野リゾート:【リゾート】八木貴博「星野リゾートのスタッフ教育方法!」:前編
⇒さくらインターネット:【レンタルサーバー】田中邦裕「働き方改革とIoTプラットフォームについて」:前編
⇒クラウドワークス:【クラウドソーシング】成田修造「経験してきた成功する起業方法とは?」:前編

※参考記事:
平均年収が1000万円を超えている上場企業

ライバルが多くて儲からない職業

参考までに、目指す人は多いけど、儲からない職業をお伝えします。

ライター

文字を書くだけで、パソコンがあれば誰でもできます。
なので、目指す人が多い!
クラウドワークスの仕事を見てもらえば分かりますが、単価が低すぎ!
1文字0.5円なんてザラです。

人のサイトの記事を書くなら、自分でブログサイトを運営した方が良さそうです。

事務職

事務職はとても大人気!
求人倍率は、なんと0.2倍です!
全然仕事が見つかりません。

しかも、AI(人工知能)で仕事が無くなる上位にランクインするなど、めちゃくちゃな職業です。

いかがでしょうか。
給料も大事ですが、自分が何をしたいか?も非常に重要な項目です。
紹介してきた統計や仕事探しは、求人倍率上昇で仕事選びのチャンス!後悔しない就職先を探す完全マニュアルで詳しくお伝えしてるので、是非参考にしてください。

======
■仕事探しで絶対に後悔したくない方へ
インタビュー求人情報

■求職者から60分で3名の応募があった情報発信をしませんか?

■最新情報はLINEの友達追加を!
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

歌川貴之

プロインタビュアー/仕事と空き家マッチングが最も得意。生の職業情報を伝える求人情報サイトを運営し、企業向けに販促用のコンテンツ制作をしている。個人事業主のお店から芸能人・上場企業の社長など、様々な職業1,000人以上に会ってきた。

 - 後悔しない就活のやり方