さくらインターネット田中邦裕「人材採用のポイントは運!失敗しない人材の見極め方」:後編

      2017/12/06

さくらインターネット株式会社 代表取締役 田中社長のインタビュー後編です。

※前編はこちら
「働き方改革とIOTプラットフォームについて」

※さくらインターネットでは、人材を募集中
応募・詳細は下記へお気軽にご連絡ください。人事担当者等へお繋ぎします。
お問い合わせ

価値観の違う人と出会うのが大切

■若い視聴者も多いので、学生のうちやっておけばよかったなと思うことはありますか?

多くの人と違うのかもしれないですけど、学生生活を結構満足して過ごしていました。なので、何をやりたかったというのはそんなにないんですが、強いて言うなら海外に行きたかったなと思います。

やはり価値観の違う人と出会うことによって、自分の世界が広がるので、海外というのは多様性といいますか他の人に出会う場ですし、そもそもほとんど英語が話せないのでコミュニケーションがちゃんと出来れば良かったなとも思います。

■留学はおすすめの一つですか?

留学に限らず離れてどこかに暮らしてみるでも良くて、色々な経験をする中で何か好きなことが見つかるかもしれないと思います。私も吹奏楽をやりながらロボコンのロボットを作り、勉強や卒業研究、そしてさくらインターネットもやっていたので、その全ての経験が楽しくて今の仕事が見つかっているわけですけども、もっと広い経験をしていたら、もっと今より面白いことがあったかもしれません。

好きなことを見つけるためには、たくさん経験をする。その代表格が海外と思います。

起業で成功するにはやりたいことをする

■是非、田中さんから起業の醍醐味をお聞きしたいです。

起業の醍醐味でいうと、やっぱり自分が創業者だったとすると、裁量権が無限大であることですかね。誰かから言われてやるということではないですから、そういうのを望んでいる人はすごく価値があるんじゃないかなと思います。

ちなみに先ほどの働きやすさ・働きがいの話と一緒ですが、例えば、某居酒屋チェーンでは「私も長く働いたんだから、お前も長く働け」くらいのことを勢いで言って、すごくバッシングされていましたよね。創業者というのは最大の裁量権を持っているので、働きやすさがなくてもいくらでも働けるんですね。ただ、その人に言われた通りに働いていると、長時間労働って正直耐えられないものだと思いうので注意が必要です。

さらに、起業するとお金持ちになれるかというと確率は非常に低いわけです。大企業に入った方がお金が入る可能性って高いわけですから、お金を目当てにする、働きやすさを目当てにするなら起業はやめた方がいいと思います。

やはり働きがいを最大化させるための手段として起業なのかなと思います。要は自分が何をやりたいのか、やりたいことがあって、やらざるを得ないからこそ自分で会社を作ることの方が、成功する可能性が高いのかなと感じます。

■逆に大変だったこと、苦労したことはありますか?

苦労したことも多いですけどね…。結局上手くいかないことを学んだということなんじゃないかなと思います(笑)上場した後にサーバーインフラ以外にも新規事業をしていましたが、上手くいかなかったことの方が多いです。今はサーバーインフラ1本でやっていますが、一時期多角化した際に失敗しまして、多角化すると失敗したという良い経験を得た成功事例が当社にはあります(笑)

■なるほど(笑)成功する事業のポイントはどのあたりですか?

やはり自分のやりたいことをすることでしょうか。もしくは本当にやりたいという人を責任者にしてその人に任せるかのどちらかですね。事業拡大したいというだけですと、言われた通りにしか事業責任者もやらなくなりますし、本当に全部自分が好きなことであれば、自分でオペレートすればいいし、全部が好きじゃなくてとにかく規模を大きくしたいのであれば、その分野で本当にやる気のある人をアサインする必要があります。

■事業責任者に任せる基準としては、熱意がポイントでしょうか?

そうですね。熱意・熱量はもちろんですが、その上で仕事のスキルがあるかどうかも重要です。熱量が高いけどスキルが低いという場合は、ちゃんと参謀となる人をセットでつけるという必要もありますし、逆にもう少し勉強させてから責任者にしたほうがいいです。

要は責任者として任命して任せるというのは、単に丸投げだと意味がないんですね。丸投げではなくて、その人がやれるという確信を自分も持って完全に任せて、本当にこのままだと失敗するという時に、アドバイスをするような関係性が必要だなと思います。

人材を見極めるポイントは「運」

■人材採用で見ているポイントをお聞かせください。

感覚的な部分で言いますと、「一緒に働きたいか?」というのは重要ですね。成長したいと自分が思っているならば、成長する人と一緒に仕事をした方がよくて、自分の仕事をさせようとする時は、自分より優秀な人がおすすめです。そうすると、自分の仕事はその人に移ることになるので、自分は空いてしまうわけですが、ここで2つの考え方があります。

1つは自分の仕事を取られたら困ると考えるか、自分の仕事を持っていってくれて嬉しいと考えるかなんですね。「業務=自分の会社での存在価値」としていると、自分の業務が他の人に移ることで、自分の存在価値が無くなると思ってしまう方がいます。

しかし、人間は業務能力だけで生きているわけじゃなく、その人の個性とか、強みであったり、方向性がそれぞれ違うので面白いわけであって、自分より優秀であるとか自分が持ってない何かを持っているとか、一緒に仕事をしていると得るものがあるというのがとても重要かなと思います。

あとは、「運の良さそうな人と一緒に仕事する」といいですね。私も運が良くてここまで来たと理解していまして、運の存在を無視してはいけないと思っています。やはり世の中には運がいい人というのはいまして、運のいい人と一緒に仕事をすると真似られて、なんとなく自分の行動になって来るのです。

「思考が言葉になって、言葉が行動になる」とマザーテレサの言葉がありますけども、やっぱり考え方を負の方へ曲げられない人とお付き合いするというのはとても重要ですね。そういった意味で、とにかく自分がポジティブになる人とお付き合いをするのをおすすめします。

■運のいい人の見極めはどの辺りでしていますか?

そうですね。その人が働いた会社が潰れるというと、気の毒なんですけども、運が悪いのかなと思いますね。その人がうちの会社に来て潰れたら困るとか思いますし….。ただ、感覚的なものですよね。それでレッテル貼るのも良くないと思いますし。ただ、気にはします。学歴よりは職歴が重要になって来ます。

あとは、「その人の言動」もポイントです。要は、〜された、〜られたという感覚になると、自分でコントロールしないで、相手が悪いと思うんですね。例えば車を運転している際に、前の車の荷物が崩れそうとか、蛇行運転しているけど飲酒運転かな?とか気づいたら絶対避けるじゃないですか。そういう日常の回避能力って絶対あると思いますし、ぶつかられたというよりも、ぶつからない様に自分で避けるということって日常にしていると思うんです。

なので〜されてダメだったではなくて、「自分はどうしたんだろう?」と考える方がポジティブだと思います。ポジティブの押し売りは良くないと思いますが、ネガティブの押し売りはもっと良くないので、控えめでポジティブに行動する方が一番付き合いたい人です。

■僕も人材募集をしているのでとても参考になりました!
それでは、今後の目標をお聞かせください。

色々な目標がありますが、まずは働きやすさ、働きがいを高めようという話をしていますので、社員満足度が高く、お客様満足度が高い、それで結果として株価が上がっている状態というのが1つの定性的な目標です。お客様・社員・社会・株主が幸せになっているという状況を作れればいいなと思います。というのも、働きやすさを高めたところで、業績が上がるわけじゃないよと言われることがあります。

しかし、結局業績が上がると、やっぱり重要だったんだ!ということで、達成感が出て来るのでそういう状況を作っていきたいですね。定量的には、売上を上げて、利益を上げていくのも当然重要ですから、やはり経営者としては売上は目指していきたいです。とはいえ、まずはステークホルダーが良いと思ってもらえる状態を作っていくというのが、大きな目標ですね。

■最後に視聴者へお伝えしたいことをお願いします。

これからITが伸びていくので、皆様の仕事自体もどんどん伸びていくだろうと思っています。これまでは印刷業だったものが情報サービス業に変わって来ているので、そういった意味だと、エンジニアさんはいつまでも尊重されると思います。その上で、我々の直接的な告知でいうと、絶対にサーバーは必要になります。
先日「高火力コンピューティング」というとてつもなく早いGPUサーバーをリリースしましたし、IOTのリリースもしましたので、ぜひ着目していただきたいなと思います。

■本日はありがとうございました!

こちらこそ、ありがとうございました!

是非、音声でもお聴きください!

さくらインターネット株式会社
本社:大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA 35F
東京支社:東京都新宿区西新宿7-20-1 住友不動産西新宿ビル 33F
設立:1999年8月17日 (サービス開始: 1996年12月23日)
資本金:22億5,692万円
上場証券取引所:東京証券取引所市場第一部(証券コード:3778)
従業員数:連結 495名 (2017年3月末)

======
■求職者から60分で3名の応募があった情報発信をしませんか?

■最新情報はLINEの友達追加を!
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

歌川貴之

インタビュー求人情報サイトを運営し、企業向けに販促用のコンテンツ制作をしている。個人事業主のお店から芸能人・上場企業の社長など、様々な職業1,000人以上に会ってきた。2018年に仕事と住居マッチングサイト『ジョブホーム』リリース

 - 職業インタビュー記事一覧