仕事を辞めるなら得意なことで食べて行こう!成功事例紹介

      2017/10/11

こんにちは歌川です。

皆さんは、「大食い」という職業があるのはご存知でしょうか?
今回は今まで取材してきた中でも特に特殊なお仕事をご紹介します。

フードファイターの仕事とは?

大食いタレントは文字通り「食べ物を沢山食べることで活動するタレント」です。
「食べるだけでお金がもらえるの?」と思うかもしれませんが、
デカ盛りとして売られている食べ物を時間内に食べきったら賞金がもらえるお店がありますし、時間内に出来るだけ沢山の量を早く食べる大会や、PRのため人気の大食いタレントに食材を食べてもらうお店もあります。

そんなお仕事をしている、先日取材した「MAX鈴木さん(以下MAXさん)」をご紹介します。

皆さんもテレビなどで見たことがあるかもしれません。

福島の想いから話すと、MAXさんのお父さんは浪江町出身で、浪江町のご当地名物「浪江焼きそば」を大食いでPRしています。
MAXさん自身も福島には子供のころからよく来ていた場所なので、震災で今まで遊んでいた場所や街が無くなったのがショックで、実際行ってみたら畑に船が乗り上げているような想像を絶する世界でした。

そこで痛感したのは、「復興には沢山の時間がかかる」ということです。何年かかるか分からない漠然とした恐怖に、「正直復興するのは難しいんじゃないか?」と思ってしまったのですが、その街で頑張っている方は「無理だ」なんて少しも思ってないことに気付いたそうです。
「自分は何を考えてるんだ」と恥ずかしくなり、「何か出来るならすべてやろう」と思って活動しているMAXさん。
「これからもどんどんエネルギーを発信していきたい!」とお話してくださいました。

※MAXさんのインタビューはこちら
「ファン必見!試合の裏側を初公開!」:前編

得意なことで仕事になる時代になった

今回なぜ「大食い」という職業を紹介したのかというと、今の時代は職業選択がものすごく広がっているからです。
今は特技があれば仕事になる時代になりました。

有名な職業だと「ユーチューバー」や「プロゲーマー」などもそれにあたります。
「ユーチューバー」は「なりたい職業ベスト5」にランクインするくらい大変人気のある職業ですが、もしかしたらユーチューバーという言葉自体初耳な方も多いかもしれません。

ユーチューバーとはYouTubeという動画サイトで動画を投稿し、広告収入を得る仕事です。投稿動画は様々で、自分が得意としていることを撮影した動画や、趣味を撮影している動画などジャンルは問わず沢山投稿されています。

それこそ「好きなことをしてお金を稼げる」を実現できる職業でもあるので、若者から絶大な支持を得ています。

一昔前なら「こんなことでお金なんて稼げるわけがない!」という時代があったかもしれませんが、人を感動させたり喜ばせることができるのは、エンターテインメントで立派なお仕事なのです。

ですので、「好きなことを仕事にしたい!」と思ったら諦めずに挑戦してみてください。

======
■仕事探しで絶対に後悔したくない方へ
インタビュー求人情報

■求職者から60分で3名の応募があった情報発信をしませんか?

■最新情報はLINEの友達追加を!
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

歌川貴之

インタビュー求人情報サイトを運営し、企業向けに販促用のコンテンツ制作をしている。個人事業主のお店から芸能人・上場企業の社長など、様々な職業1,000人以上に会ってきた。2018年に仕事と住居マッチングサイト『ジョブホーム』リリース

 - 後悔しない就活のやり方