パワハラする上司や女性にはマウンティングで倍返しだ!

      2017/09/11

こんにちは歌川です。

この間、会社員の方と話す機会があり、色々聞くと
「上司のパワハラ」で悩んでいました。

特に、ワンマンの上司で辛い!とのこと。
僕も10年近く会社員をしてきたので、気持ちはよく分かります。
今回は、自分の経験も含めて上司とコミュニケーションを取る方法をお伝えします。

相手の立場になって考える

ワンマンで何を言っても無駄だと思うのは分かりますが、ただ、命令を聞くのではなく、
なぜ、これを言うんだろう?」と考えるのも必要です。
これをやらない限りは前に進めません。

例を出します。

上司
おーい!この資料を来週までやっといて!

※あなた「あれ?そういや、この間A社に営業したいとか言ってたな」
あなた
了解しました!この仕事はA社のプレゼンのためでしょうか?

上司
そうだ!

※あなた「やっぱりそうか。じゃあ、上司と面識がある担当者Cさん向けかな?」
あなた
やっぱりそうか。じゃあ、上司と面識がある担当者Cさん向けかな?

上司
そう!よろしく!

※あなた「よし。じゃあCさんも社内で提案しやすいような資料をつくるか。」
あなた
了解しました!

いかがでしょう?
あなたは、しっかりターゲットを把握できましたね。
プレゼン資料ひとつ取っても、営業先の社長にプレゼンするのか、担当者にプレゼンするのかで内容は変わってきます。

それを、ただ命令を聞くだけだと、
どこの会社向けなのか?
誰にプレゼンするのか?が分かりません。

なので、上司の立場になって、何をしたいのか考えるのがコミュニケーションを取る方法の1つです。

マウンティングする

何を行っても無駄ならマウンティングしちゃいましょう!

マウンティングとは、本来、動物が自分の優位性を表すために相手に対して馬乗りになる様子をいいますが、人間関係においては、「自分の方が優位」と思いたいがゆえに、「私の方が他人よりも幸せである」と一方的に格付けし、自分の方が立場は上であると主張し、更にそれをアピールする『マウンティング女子』という言葉があります。

これは極端に言うと、先ほどとは逆で、上司の言う事に真っ向から理詰めで反論します。
立場を優位にするため、上司にも効果があります。

頭ごなしに命令する上司なら、軽くマウンティングして、
変な事を言ったら「嚙みつくぞ!」と見せるのもありです。

これも例を出しますね。

上司
おい!この仕事をやっといて

あなた
この仕事とはなんですか

上司
営業先B社用のプレゼン資料作成だよ!

あなた
あれ?B社はこの前の会議で、クレームが多いからやらないって話でしたよね?

上司
考えが変わったんだよ!

あなた
最近クレームが多くて、事務員さんが辞めてるから、減らそうと会議をしたんじゃないですか!内容聞いてました?

上司
当たり前じゃないか!聞いてたよ!

あなた
それだったらやらない方がいいと思います。

上司
考えが変わったんだよ!

あなた
最近クレームが多くて、事務員さんが辞めてるから、減らそうと会議をしたんじゃないですか!内容聞いてました?

上司
うるさいな!俺がやれって言ったらやれよ!

あなた
いやいや、それだったらクレームが増えたらどう責任取るんですか?納得の行く説明をしてもらえますか?

上司
いや、それはだなあ。……

あなた
僕も忙しいので、変なこと言わないでください!失礼します!

こんな感じで毎回やり取りすると、
あいつに変に話すと噛みつかれるから気を付けよう
となり、命令するだけの口調は変わってきます。

いかがでしょうか?
これが僕が経験してきて効果があった事例です。

参考にしてみてください。

 
======
■集客できる情報発信をしませんか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

歌川貴之

プロインタビュアー/仕事と空き家マッチングが最も得意。インタビュー求人情報サイトを運営し、企業向けに販促用のコンテンツ制作をしている。個人事業主のお店から芸能人・上場企業の社長など、様々な職業1,000人以上に会ってきた。

 - 後悔しない就活のやり方