マックス独占インタビュー!MAX鈴木の試合の裏側を初公開!:前編

      2017/11/16

フードファイターMAX鈴木さんインタビューの前編です。

MAX鈴木
愛称:MAX(マックス)
1980年10月27日生まれ。東京都出身。身長181cm。血液型はB型。
2015年9月、日曜ビッグバラエティ「元祖!大食い王決定戦〜新絶対王者襲名戦〜」に初出場し、ジャイアント白田の記録を含む全記録を塗り替え初優勝。新人の完全優勝は史上初。
2016年1月に「国別対抗!大食い世界一決定戦」の日本代表に選出された。
同年10月、「元祖!大食い王決定戦」では、準優勝。
2017年1月「国別対抗!大食い世界一決定戦」に日本代表キャプテンとして出場。
※2017年10月「元祖!大食い王決定戦」では、優勝に返り咲きました!

ーMAXさん、本日はよろしくお願いします!とってもファンなので今日ものすごく興奮しています(笑)

ありがとうございます!改まって言われると恥ずかしいですね(笑)

ーよくご飯を食べながらMAXさんの動画を見てるんですが、食べ方がキレイなので食欲が湧いて来るんですよね!

僕と一緒に食べているんですね?そう言っていただけるのはホント嬉しいです。

フードファイターになったのは、もえあずがきっかけ

ー大食いに気付いたきっかけは何がありましたか?

そうですね!同じ大食いの「もえあず」がきっかけです。元々、僕も大食いがとても好きで、小学生からずっとテレビを見ていました。
その流れで1ファンとして何気なくもえあずのブログを見ていたら、水道橋にあるお店の大食いチャレンジメニューに挑戦していて、「美味しくいただいて賞金もらっちゃいました!うふふ♡」という記事があったんですよね。

そのお店はチャレンジメニューをクリアすると、WANTED!みたいに壁にバンバンバン!と成功した人の写真が貼られて。

もしかして成功したら自分ももえあずの隣に貼られるんじゃないか?みたいなミーハー心で挑戦してみたら案外簡単にクリア出来たんですよ(笑)美味しいものを食べれて、拍手されて、もえあずの隣に写真も貼られて、お金もらえて、え?何これ?と衝撃を受けました。

これで味を占めたじゃないですけど、ステーキやラーメン・餃子・甘いものも面白いように成功して「これいけるかも!」と見る側から食べる側に変わっていったんです。さらに、この時期に大食いの世界戦も日本はアメリカに負けていて、悔しい!という想いも相まって、大食い大会の予選に出場し、ポンポンポンとここまで来たっていう感覚です。

ー僕も予選のお寿司の大食いを見てびっくりしました。
※その模様はこちら


ーしかし、大食いを始める前の普段の食事でも「足りないな」という感覚はありましたか?

多少ありましたけど、言っても牛丼2.3杯でお腹一杯になりますよ。何か分からないですが、挑戦したら食べれるようになったんですよね(笑)「突然変異系」かもしれないです。

ーそうなのですね!てっきり、生まれ持った体質で小さい頃から大食いだと思っていました。

学生の頃は剣道をしていましたが、部活終わりに丼飯を3.4杯食べる程度です。大食いの人は食べたものをキロ数で言うんですが、それも理解出来ませんでした(笑)けど、突然変異系の大食いの方は結構多いですよ。「キング山本さん」や「なべちゃん」も、「たまたま食べたらこんな食べれた!」と言ってましたし。「大食いになってやるぜ!」と言うよりも、恥ずかしく思ってたり、自覚症状が無い方が多いですね。

ーちなみに、大食いになるまではどのようなお仕事を?

色々やりましたよ。トラックの運転手やピザ作って配達しましたし、肉体労働系・夜のお仕事も長かったですし。

大食い仲間への想い

ーそういえば、よく檜山先生と食事に行っているのを見ますが仲が良いんですね。

そうですね!檜山先生とはよくご飯行きます。距離や年齢的にも近くて話しやすいですし。仲良くなったきっかけは、2015年の元祖!大食い王決定戦の決勝が終わってからなんです。このメンバーは「もえあず」「なべちゃん」「カワザイル」「檜山先生」と僕の5人だったのですが、実はそれまで距離がありました。

正直言うと、もえあずは芸能人なんで、みんなが気を遣ってて、ずっと新学期が始まった学生みたいな空気で(笑)そして、決勝戦が終わって打ち上げまで時間があったので、5人でパンを買いに行ったのですが、最終日なんでみんなお金が無かったんです(笑)

なので、みんなでお金を集めようとしていたら、檜山先生だけ買い物してなかったのでお金を持っていて、「これでみんなで使おうよ!
と言ってくれて距離がグッと近くなったんですよね!
※ベトナムの通貨はドン

ここで距離感が掴めて大食いの第五世代と言われるチームワークが出来たと思います。檜山先生がきっかけで、頭より心で感じたものがあったんですね。そこからは、よくみんなで食事に行っています。

ーそうだったのですね。初めて聞きました。MAXさんのファンはたまらない話かもしれません。

これはガチ中のガチで、1度話したか話さないかぐらいですね(笑)今でも思い出しますけど、パンを買って分けてたホテルのロビーは最高でした。完全に檜山先生の「ベトナム ドン」のおかげです(笑)

ここでしか聞けない試合の裏側

ーそこで試合の話に入っていきたいのですが、2016年の元祖!大食い王決定戦 決勝の檜山先生の追い上げは凄かったですねとても鳥肌が立ちました。


僕も追い上げられるとは思いませんでした。まず、谷やんとの差が開いていなかったので焦りまくってて。大食いはメンタルがとても大事なので、そこを突かれた感じはします。

※檜山先生のインタビューはこちら
檜山普嗣「日本初!?おすすめの複業のやり方」:前編
ー2015年は優勝していたので、2016年も優勝というプレッシャーがありましたか?

プレッシャーで言ったら決勝だけではなく、一回戦からめちゃくちゃありました。負けなしっていうのがありますし。試合の後は、悔しくて何日間は時間が止まってましたねー。あの、オーストラリアの見上げた青空と大聖堂は今でも思い出しますもん。
ホテルに戻ってもずっとボーっとしてて、みんなに「お土産買う?」と言われても、空気悪くなるって分かりながらも参加しませんでしたし。打ち上げも、その写真を見返すとホント死んだ顔でしたよ(笑)焼肉食べてるのに青い顔で、「このままハロウィン行けるんじゃね?」みたいな(爆)
今思うとホント皆さんに悪い思いをして申し訳ないですが、卵一個の差ですしホント悔しかったです。人生でこれまで悔しい想いをしたのはこれっきりですね。

※試合の模様はこちら

ー次の世界戦出場まではどのようなメンタルでしたか?

世界戦に出場する日本代表を決める試合で、アンジェラさんや三宅さんに負けてるんですよね。そんな中で、「絶対負けない!」という気持ちが自分の中から変わって伸び伸び試合が出来ました。その経験をして、正直今は自分の見せ方に迷っています。「絶対負けなしのぶっちぎり」で行くのか?とかで。

ちょっと別な話ですが、日本代表を決める決勝は、「アンジェラさん」「なべちゃん」「谷やん」僕の4人でして、なべちゃんが途中で止まったのが悔しかったですね。総合的にいうとなべちゃんは強いんですが、実力を出して欲しかったので、同じ世代の僕としても歯がゆい想いがありました。
全体的にこの試合では、先輩方と戦えたのがとても楽しかったです。普段は戦う機会がないので、今年も開催して欲しいですね。

MAX鈴木さんのインタビュー後編はこちら


【フードファイター】MAX鈴木「大食いはスポーツ!食べるコツも伝授」:後編

是非、音声でもお聴きください!


動画はこちら

2017年秋の大食い選手権優勝!

10/15現在。
つい先ほど、今年の試合が終わりMAXさんの優勝が決まりました!
白熱した試合でしたね!去年は本当に悔しがっていたので、僕もとても嬉しいです。
インタビュー出来てよかった。

これからも応援していきます!

======
■仕事探しで絶対に後悔したくない方へ
インタビュー求人情報

■求職者から60分で3名の応募があった情報発信をしませんか?

■最新情報はLINEの友達追加を!
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

歌川貴之

インタビュー求人情報サイトを運営し、企業向けに販促用のコンテンツ制作をしている。個人事業主のお店から芸能人・上場企業の社長など、様々な職業1,000人以上に会ってきた。2018年に仕事と住居マッチングサイト『ジョブホーム』リリース

 - 職業インタビュー記事一覧