外国人をすぐに雇用するには留学生のアルバイトが一番早くて簡単な話

      2017/11/13

こんにちは歌川です。

『急募可能!今すぐ人材が必要になっても確実に対応できる7つのこと』でもお伝えしましたが、
今すぐ人材が必要な場合は、バイトに特化して採用するのがおすすめです。

さらに外国人も留学生のバイトなら申請も簡単で採用活動できます。
今回は、留学生のメリットとデメリットをお伝えしていきます。

来日している留学生の統計

まずは留学生の状況をお伝えします。
このように毎年増えています。
引用:平成28年度の外国人留学生在籍状況調査結果

出身国(地域)別留学生数

このように中国が多いですが、近年からベトナム人の留学生が増えてきました。

地方別・都道府県別留学生数

いわゆる東名阪が一番多いです。
僕の実体験をして、大阪は特に中国・台湾の方が多いですね。

留学生採用のメリット


まずはメリットからお伝えしていきます。

業種は問わない!

就労ビザや技能実習生は業種に決まりがありますが、
留学生は、風俗関係や法律禁止の職業以外はOKです。

申請が簡単!

海外から来日するには、就労ビザ申請など許可が厳しいですが、
資格外活動をを申請するだけで働けるようになります。

通訳でも活躍できる

2020年のオリンピックに向けて外国人が日本に来るので、現地の言葉を話せる留学生の力はとても心強いです。

人件費が抑えられる

東南アジアの人材なら給料を抑えて採用が出来ます。
僕も東南アジア人材向けのマッチング事業を始めるので、ご興味があればご連絡ください。

留学生採用のデメリット


続いてデメリットをお伝えします。

勤務は週28時間以内

留学生はそもそも、学業がメインなので勤務日数は決まっています。
しっかり守るようにしてください。

日本語が使えない方が多い

僕の地元の会津大学でも留学生がいるのですが、日本語を話せる学生は一割ぐらいだそうです。

======
■仕事探しで絶対に後悔したくない方へ
インタビュー求人情報

■求職者から60分で3名の応募があった情報発信をしませんか?

■最新情報はLINEの友達追加を!
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

歌川貴之

プロインタビュアー/仕事と空き家マッチングが最も得意。生の職業情報を伝える求人情報サイトを運営し、企業向けに販促用のコンテンツ制作をしている。個人事業主のお店から芸能人・上場企業の社長など、様々な職業1,000人以上に会ってきた。

 - 人材を確実に採用する方法