好きな人と働こう!共感採用が学べるWEBメディア

【実体験カテゴリー別20選!】起業して4年間で失敗してきた経験まとめ

2020/03/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社アプトリーの代表。 リモートワークのエンジニアマッチングサービスNACODER's(ナコーダーズ)を運営しています。 独自に開発したAI相性診断でビジョンマッチングを実現。好きな人と働ける社会を創る

2020年でアプトリーをフリーランス時代から創業して約4年が経とうとしています。
おかげ様で事業は成長しまして、売上は死の谷と言われる1millionを超え、
ビジョンマッチングを実現するNACODER’s(ナコーダーズ)という相性診断のプロダクトも開発しています。

仲間も増え多くの方に支えられて今があるので、関わる方には本当に感謝しています。
まだまだ目標とするところだと道半ばですが、4年間で色々な経験をしてきました。

タイトルには失敗と書いてますが、すべてが良い経験なのでネガティブな想いはまったくありません。
ただ、これは避ければよかったなーと振り返ることがあるので、今回はそんな失敗した経験をまとめてお伝えします。
カテゴリーに分けるのでこれから起業する方は参考にしてください。

事業の失敗

まずは事業編です。
これまで色々な事業を試して失敗諦めてきました笑

どんな事業をやってきたのかをまとめてみます。

イベントプランナー

前職の音楽業界の経験を活かしてイベント企画をするお仕事。
フリーランスになって初めて動いた事業です。
よく聞くような今までの自分の経験を活かして事業を考えました。
これにはかなり自信はありましたねー。

前職では小さいなライブハウスから武道館やアリーナクラスまで経験してきたので、
話を聞けば企画~当日のスタッフオペレーションはすぐにイメージができます。
※そういやここ数年は全然やっていないので、勘が鈍ってるね笑

・動いた期間:半年
・失敗の原因:
①場所
1つは場所を地元の福島の会津若松に絞ったことです。
理由は差別化にあったんですが、今まで東京でやってきたので正直ニーズも少ないし、市場がありませんでした。
あっても観光系ばかりで、経験がある音楽フェスなどは皆無。

②経験
変に経験があると自信があるんで、変えられないですよねー
今思うともうちょっと早く撤退できたかな。

③市場調査
これはまったくダメダメですよね。調査をせずに自分が出来ることを事業にした失敗パターン。
けっこうこの手の方は多い気がしてます。

・売上
道の駅のライブ企画や、大きな花火大会があり、それでも120万ぐらいはいきました。

・撤退理由:
完全に市場がないことでしたね。これ一本でご飯を食べるのは無理だと。
もうちょっと資金があれば、開拓できなくもないけど、かなり時間がかかる印象です。

SNSマーケティングのコンサル

同時にSNSマーケティングのコンサルも動いていました。
前職では僕のTwitterフォロワーが1万人まで伸びたのでその知見を活かそうかなと。

今はコロナウイルスで大打撃ですが、会津若松は観光地なので行けると思ったんですよねー
・動いた期間:三ヶ月
・失敗の原因:
①地方でネットという目に見えない事業は難しい
会津は情報を発信する際に見られているのは、なんと【フリーペーパー】です。
今の時代紙ですよ紙。
スマホは持っているのに完全に数十年遅れています。
ここを開拓する資金も想いもありませんでした。。

②既得権益との戦い
そして、大きいのは観光の場合、集客は既存の旅行代理店を使うということ。
長年付き合っているという関係は思いのほか根強いです。

・売上:0円でサービスを使おうというところはありませんでした。
ただ、10社程度しかヒアリングしていないので、どこかで切り込めるところはあるかも。
・撤退理由:
失敗の原因がそのままが撤退した理由です。

ポッドキャストの運営広告事業

次に力を入れたのは、ポッドキャストを使った広告事業です。
ビジネスモデルは、出演料として企業にインタビューを行い、それを配信して採用に繋げるモデルです。
当時はかなり考えて力を入れましたねー

やり方として、まずは著名な経営者に無料でインタビューを行い、
そこで実績を作って有料を増やしていくという流れです。

・動いた期間:2年
・失敗の原因:音声だけだと伝わらない
今でこそ、ポッドキャストの広告ツールとか出てきていますが、
やはりYouTubeが台頭していたので想いを伝えるなら動画の方がいいですよねー
そこに撤退するまで気付かなかったです。
地方は車運転でラジオを聞く人が多いので、そこを狙ったのですが効果はなかったです。

・売上:20万円ぐらい
・撤退理由:
撤退理由としては市場が小さかったこと。
知り合いの経営者に頼み込んで1回数万円程度で動いていましたが、
まったく事業にならなかったですね。。

空き家マッチング

次に力を入れたのが空き家事業で、空き家で困っているオーナーと空き家に住みたい人をマッチングする事業です。
地方で空き家問題が深刻になっているので、そこに力になろうと考えてました。

空き家になんて住む人がいるのか?と思いきや、この事業で苦労したのが住む人ではなく、貸すオーナーさんを見つけることでした。
住みたいと思う人はネットで集客出来たのですが、オーナーさんは空き家の近隣の方にヒアリングしたり、
登記簿を取って住所にはがきを送るなど、超苦労しました。
特にオーナーの方は年配なので、説得も時間がかかり三顧の礼は当たり前。
飲みかわすレベルまでコミュニケーションを取ったなあ。

・動いた期間:2年
・失敗の原因:オーナー開拓
先ほど記載した理由です。
・売上:今までトータルで200万円ぐらいかな
・撤退理由:
マッチング出来る空き家を探す手間とオーナー探しの手間で断念しました。
色々なところとも連携を模索したのですが、あまり上手く行かない状況でしたね。
ただ、地道にやればけっこう動けるビジネスだと思うので興味のある方はご連絡くださいー

海外人材の人材紹介

次はアプトリーを法人化して初めて取り組んだ事業になります。
簡単にいうと海外から会津若松の会社に就職あっせんする事業です。
この事業はめちゃ苦労しましたねー

・動いた期間:半年
・失敗の原因:
①法律の壁
説明すると長くなるので簡単にいうと海外人材が日本で働くとなると入管法や労働法など
様々なルールで行う必要があります。
これが思った以上に複雑で規制があるためやりたいことが出来ない+時間がかかりました。

②あっせんする企業のニーズ不足
東京なら海外人材は当たり前のように働いていますが、地方になるとまったく違います。
企業側の抵抗が思った以上にハードルが高かったです。

・売上:0円
・撤退理由:
半年でこの事業は諦めました。
理由は時間がかかる上にニーズ開拓からなので、かなりマッチングに時間がかかります。
他社でやられている企業もあるので、まったく需要がないと思いますが、
会津ではまだ早いかなー。
むしろ、今の状況でこの事業をしていたらコロナウイルスの影響でリアルに倒産していたかも。。

正社員の人材紹介

これは日本時の職業紹介ですね。
マーケットもそれなりにあり、けっこう力を入れていました。
空き家とこの事業だけは細々と続けてますねー

・動いた期間:2年
・失敗の原因:競合が多すぎる
これに尽きるのですが、毎月新規の人材紹介会社は数百?ぐらい立ちあがっているそうです。
その中で戦っていくのは、そうとう大変だなーと感じています。

・売上:300万円ほど

採用の失敗

続いては採用編です。
おかげ様で、かなり採用プロセスに力を入れているので今のところミスマッチはありませんが、
機会損失は多々ありました。
僕らは社員採用の他に、フリーランスとの業務委託もあるので、そこも含めてお伝えします。

体制が整っていないのに採用した

ある程度体制が整ってからの方が入社する方も気持ちが楽です。

慎重になり過ぎて手放した

これは逆で失敗を恐れて慎重になり過ぎて断られたケースです。
あの時無理にでも採用すればよかったなー

合否の回答を早くし過ぎた

焦って人材を採用して失敗しました。

スキルのみで採用した

相手の人柄を見ずにスキルだけで採用したケースです。
経験上、これが一番厄介です。

資本政策の失敗

資本政策は非常に重要です。
って頭で分かってても失敗がありました。

設立当初の株式の割合

今は株を買い戻させていただきましたが、
設立当初はエンジェル的な方に出会い、資金を出していただいたのですが、
なんと合計80%以上相手方にある状況で完全子会社状態でした。
今思うと本当に怖い。
当初はお金を出していただくだけで嬉しくて何も知らなかったんですよねー

調達のタイミング

逆に今は色々な方からお声がけをいただくのですが決めきれていません。
もしかしたらタイミングを逃してるかも??

キャッシュ財務の失敗

財務は会社を守る生命線です。
ここを間違えると今までの事業がすべてパーになるので確実に押さえておきたいですよね。

1期目は税理士を活用せずに自己申告

なんと会社1期目は税理士費用をケチって自分で決算書作成をしました。
確かに無料で使えるツールがそろってますが、アドバイスがもらえないというのが一番の市っぽいでした。
恐らく、設立当初からお願いしていれば100万円近くの節約はできたはず

課税事業者で消費税発生

節約の理由はこちらで、なんと1期目と2期目は免税事業者だと思いきや課税事業者でした。
理由は株式を50%以上保有されているからです。
詳しくは長くなるので国税庁のサイトをご覧ください。
なので、新規で会社を作る際は十分に注意してみてくださいね。

付き合いの失敗

すべての出会いに意味があると思いますが、意味がなかったなーと思うところもあります。

数十人の異種交流会

人数が多いと、どうしても忘れがちになるのでやるなら数人がいいですよね。

実務をしないコンサルとの付き合い

僕はコンサルという職種の方とは相性が良くないかなと思います。
客観的にアドバイスいただくのは参考になりますが、コンサルは結果に責任がないので、
あれこれ言うなら実務も並走いただく方が相性いいですね。

東北か東京か?

これも良い悪いではなく合う合わないだけの話で、
東北人として東北のために色々と活動していますが、ぶっちゃけ東京で事業している方が相性が良いです。
理由は明確て新しいチャレンジをしている方が多いです。

一時期、地元の〇〇会のようなところに所属しましたが既得権益者の集まりですぐ辞めました笑

最後に、失敗原因のまとめ

最後に、カテゴリー別で失敗してきた原因をまとめていきます。

事業編

事業の失敗原因は自分が何をしたいかしか頭になかったからです。
市場分析はほぼやらずに自分が出来ること。自分が好きなことなど
自分自分自分で周りがまったく見えてなかったですねー

採用編

採用については、『縁』と言うことも聞きますが、僕は自分で掴みにいくことが大事だと思います。
ただ、今この人を採用するか?というタイミングを見極めるのが非常に難しく、経験が圧倒的に足りていないですね。

キャッシュと財務編

僕は起業してから財務を覚えた身なのでまったく素人同然です。
生兵法は怪我の基という言葉があるように、確かにツールを使えば決算書は作れますが、
その裏にある数字の根拠やキャッシュフローはプロに任せることが必要だと感じています。

資金調達編

これも財務と同じで、プロの方と一緒に並走することが大事です。

お付き合い編

コロナウイルスの影響でイベントがオンラインになっているため、
合わないイベントはすぐに退席できるようになりました笑
なので、もし合わない交流会に参加したら、勇気を持って退席することですね。

以上が失敗になります。
僕も次に繋げるためにかなり振り返りをしてみました。
参考になれば幸いです。


 

【企業・エンジニア様へ】

現在アプトリーでは案件をご紹介いただける企業様、アプトリーに登録いただけるエンジニア様を募集しております。

今回の記事で興味を持って頂けた方はぜひ下記のボタンより問い合わせいただければと思います。

案件のご相談やリモートワーク導入についてのご質問は下記から

エンジニアの登録、案件情報を知りたい方は下記からお問い合わせください

Copyright© リモートワークのフリーランス活用WEBメディア , 2020 All Rights Reserved.