【美容師】阿部拓弥「独立が多い業界で考えるべきこと」:後編

      2017/10/04

美容師の阿部さんのインタビュー後編です。

※前編はこちら
【美容師】阿部拓弥「プロフェッショナルのコミュニケーション能力」

地元、町田について

-ちょっと話を変えて、阿部さんは東京の町田市出身ですよね?町田の印象はどうですか?

そうですね!
町田は東京の南の方で、神奈川と隣り合わせです。歩いたらすぐ神奈川県みたいな。
県境なので、東京の文化だけではなく、神奈川の文化も流れていたりしますね。
ちょっとオラオラ系と言うか、チャキチャキしてヤンチャな感じがあったり(笑)

-ははは(笑)二人の共通の知り合いも町田出身でオラオラ系ですね(笑)

そうですね(笑)ある意味ミックスカルチャーの街ですね。
あとは、東京と神奈川の交わるところなので、栄えているんですよね。
町田にいたら買い物や食事も済んじゃう感じがします。

分かりやすく言うと、ちょっとスッキリした下北沢みたいな感じですか。
古着屋さんも以外に多かったりするので。駅前は新宿モドキみたいな(笑)

-確かに、前職でタワーレコードに何度か行ってましたが都会ですね!

そうなんです。
ただ歩けば団地や田んぼもあるので、住みやすいですね~。
さらに小学校が40以上あるんです!(2016年5月1日現在。全42校)
若い人も増えているので、少子高齢化とは関係ない街かもしれないですね。

-ちなみに阿部さんは、地方に旅行してるみたいですね!地方の魅力はどうですか?

間違いなく星がキレイなところです!また、空気も全然違う!
うちの美容室もエステやインナービューティーに気を配る形態をしているですが、地方に行くと体の健康や心のゆとりを見つめ直す機会があるのでいいですね。

周りでも東京から地方に行くお客さんもいたりしますし、けっこう地方に行きたいと言う話を聞きますよ。
それで、うちのお客さんがいなくなったり(笑)

美容師は独立が多い!?


-そういえば、美容師って独立が多くないですか?

そうなんです。美容室は年々増えていまして、コンビニの5倍あるんです!
今20万件ぐらいあって信号機と同じ数ぐらい美容室があります。
角を曲がれば美容室みたいな(笑)

-そんなに!そこの差別化は大事ですよね。

その通りです。
僕はカラーやパーマの知識はとてもあると自負しているので、そこを意識して強調したいと考えています。
お客さんって何となく美容室を決めて、何となく来なくなったりしている方が多いんですよね。
僕は、その何となくにならないように頑張りたいと思います!

-阿部さんが目指している美容師さんはいるんですか?

います!
新人のころに店長をしていた方ですね。今は、仙台で独立してスタッフさんも増えて順調だそうです。
僕もこんな風になりたいですね!

美容師になるのに必要なこと

-これから美容師を目指す人へエールをお願いします。

表舞台よりも地道な仕事が多いですが、自分を信じれば必ずやりたいように出来る仕事です。
ポイントは、「好きになるまで、自分を騙してやる!」
僕も自分の決めたことに嘘は付きたくないので頑張ります。

-ありがとうございました!阿部さんにカットをお願いしたい場合は、直接指名してもいいんですよね?

こちらこそ、ありがとうございました!
もちろん気軽にご連絡ください!
それでは、ばいばーい!

是非、音声でもお聴きください!

美容室アンティム下高井戸店
住所: 〒156-0044
東京都世田谷区赤堤4丁目48−11 小林ビル 1F
電話:03-3325-0557

======
■求職者から60分で3名の応募があった情報発信をしませんか?

■最新情報はLINEの友達追加を!
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

歌川貴之

プロインタビュアー/仕事と空き家マッチングが最も得意。インタビュー求人情報サイトを運営し、企業向けに販促用のコンテンツ制作をしている。個人事業主のお店から芸能人・上場企業の社長など、様々な職業1,000人以上に会ってきた。

 - 職業インタビュー記事一覧