あなたはどっち?集客するかを一瞬で見極められる2つの事例

      2017/08/30

経営者Aさん
周りもやってるし、うちも集客のために情報発信した方がいいかね?

社員Bさん
今はみんな忙しいですよ。この状況で発信する必要ありますか?

経営者Aさん
ふむ。どう判断すればいいんだろう?

UPTORYの歌川です。

集客のための情報発信はとても大事ですが、「忙しくてお客さんに来られても困る」という方も実は多いです。しかし、集客をしないと将来的に売り上げが下がるかもしれません。
今回はそのような場合の見極め方をお伝えします。
あとで説明しますが「とりあえず集客のためにやれ!」という考えだと、マイナスプロモーションになりかねないので慎重に考える必要があります。社内で行うときの判断材料にしてください。

情報発信をした方がいい場合

下記のように考えている方は情報発信するのをおすすめします。
使えるツールはたくさんあるので、あとは始めるだけです。

売上を上げたい

「あ、もう是非!やってください!」
売上を上げたいと相談されたら速攻でこう答えます。

商品やサービスを知ってもらうには情報を発信するしかありません。
皆さんも何かを購入する場合でも、ある一定まで情報が伝わったら買いますよね。
情報が営業マンになります。
特に起業したばかりの人にもおすすめです。

人材不足で困っている

人材が必要な場合でも情報を届けることで下記に繋がります。
『納得して入社するため教育が楽になる』
『あなたの想いに共感した人が入社する』
このような流れになれば、採用・教育コストも減るので会社もハッピーです。
情報があなたの想いを届けてくれます。

ブランド力を上げたい

あなたの商品が競合と相見積もりになった時に、お客さんはどのような判断で購入を決めているのでしょうか?
それは『情報があるかないか』です。
情報があれば、購入後のフォローや会社情報を伝えられて不安要素を消すことができます。
商品や値段が同じなら、「うちから買った方がいい」という理由を伝えましょう。

私も購入にはとても慎重なので、
「あ、この情報安心するわ」
と不安要素を消す情報があればとっても嬉しいです。

さらに、受け手側に立った情報を発信していれば、
「ここの会社いいよ!」
とお客さんから勧めてくれるようになります。
これが、差別化になりブランド力を上げることになります。

情報発信をしなくてもいい場合

逆にこのような場合なら無理してやらなくていいと思います。

超忙しい

「ちょっと落ち着いて考えませんか?」
現場が忙しさMAXなら無理して発信するのはやめましょうと話しています。
なぜなら情報発信を外注しない限り、やるのは社員です。
ただでさえ忙しいのに、仕事が増えると社内は混乱するだけです。

情報発信は大事ですが、仕事が回らなくなったら意味がありません。
一呼吸おいて、外より内を固めましょう。

あまり広めたくない

ルート営業や紹介だけで成り立っている会社もあると思います。
その場合も無理して発信する必要ないです。

情報を発信してしまうと、新たなお客さんが来ることになるんですよね。
ある飲食店は常連さんを大事にするため、あえて人目につかない路地裏に店舗を出すというのを聞きました。

「それで成り立ってるのがすごいわ」
と思っちゃいますが、単価を上げて利益を出してるらしいですねえ。
このことからも、どのターゲットに情報を出すかの選定は重要です。

情報発信の意味を理解していない

冒頭お伝えしましたが、情報発信は受け手側のことを考える必要があります。
例えば「とりあえずSNSで発信だ!」という考えだと、
受け手側にメリットがない一方的な日記や商品情報のみになりがちです。

これを理解せずに情報発信すると、マイナスプロモーションになるケースがあるので注意が必要です。
また、発信しているのにまったく効果が出ないのもこのケースに当てはまります。

「あれ?なんで発信するんだっけ?」
と立ち止まって考えてみてください。

まとめ

いかがでしょうか。
情報発信は無料で使えるツールが山のようにあるので、始めるのは簡単です。
しかし、『何を使うかよりも何を発信するか』という考えが非常に重要なので、しっかり見極めましょう。

☆こちらも合わせて読みたい。


======
■想いを届ける情報発信をしませんか?

The following two tabs change content below.

歌川貴之

プロインタビュアー/ 販促用のコンテンツや、オウンドメディア制作をしている。個人事業主のお店から芸能人・上場企業の社長など、様々な職業1,000人以上に会ってきた。空き家の管理も得意。

 - 集客アップのノウハウ集