【取材対応マニュアル】メディアからインタビューを受ける時に心がけておくこと

      2017/09/30

こんにちは歌川です。

自社の魅力を最大限に発信できる手段が『取材』。
なぜなら、客観的な目線で発信できるからです。

自分でアピールするよりも、他人にアピールしてもらった方が説得力があるのは、あなたも経験があるはずです。

そこで、メディアから取材を受ける時の対応はご存知でしょうか?
インタビュアーはプロなので、流れに身を任せるのもいいですが、取材を受けるなら最大限に自社を魅力的に伝えたいですよね。

よく聞く話は、取材後に「あの時、こう言っておけばよかった」「上手く話せたか心配になった」という声です。
こうならないように。僕も様々な方にインタビューしてコンテンツ制作しているので全力で引き出します。

その中でも「とても良いコンテンツになった!」という場合は、『受け手側とコンテンツを作った』と思える時です。

例えば、僕も取材を受ける時もあり、先日も大坂の会社から取材を受けました。
取材内容はこちら。⇒InternView

しっかりまとめてもらいましたが、これも一緒にコンテンツを作るのを意識した結果なのです。
具体的にどのようなことかをお伝えしていきます。

インタビュー取材前の準備

インタビュアーは事前準備が8割と言われるぐらいとても重要ですが、
受け手側も準備をすれば、より良いコンテンツが制作できます。

事前に資料や写真等を送る

インタビュアーが質問を考えやすいように、過去に取材を受けた内容や、資料・写真データを送付しておきましょう。
良いコンテンツは質問がないと生まれないで、情報共有は必須です。

過去のコンテンツを確認する

取材をしてくれるメディアが制作しているコンテンツに目を通しておきましょう。
特にインタビュアーは『質問のクセ』があるので、どのようになるのかイメージしやすいです。

何を聞かれるのか把握する

事前にどのような質問をするかをきちんと確認してください。
これをしないと、場当たり的な回答になりやすく、深い話が出来ません。
質問が送られてこない場合は、どのような質問をするのか確認しましょう。

体調を整える

取材時の顔や表情が悪いと、コンテンツの内容が良くても魅力が伝わりません。
当たり前ですが、日ごろの体調管理はしっかりしましょう。

インタビュー取材当日の対応

取材当日の対応です。
基本的にインタビュアーに任せて問題ありませんが、押さえておくポイントをお伝えします。

逆質問は効果がある!

これは、とってもおすすめです。

インタビュアーから質問されたら、逆に「あなたはどう思いますか?」と聞いてみてください。
無意味かと思われがちですが、質問されるとインタビュアーは「自分にも興味を持ってくれている」と嬉しく感じます。
何度も言いますが、良いコンテンツは質問がないと生まれません。
インタビュアーが質問をしやすい環境を作るのも関係も非常に重要なのです。

曖昧な回答はしない

曖昧な回答は、編集で意図しない形になる場合があるので注意が必要です。
物事はハッキリ言いましょう。
質問の意味が分からなければ聞き返してみてください。

自然体で接する

初めて取材を受けるときは、緊張するかもしれません。
自分を無理して作ってカタコトになるよりは、自然体で接する方が魅力を出せるので、肩の力を抜いて取材を受けましょう。

インタビュー取材後からコンテンツ完成まで


取材後はコンテンツ修正を出来る最後のチャンスです。
もし、話してみて冒頭のように後悔があれば、ここでしっかりまとめていきましょう。

コンテンツしっかり確認する

出来上がったコンテンツは、お任せではなくしっかり確認しましょう。
自分で見るのが恥ずかしければ、社員や身内に見てもらい客観的な意見を聞いてください。

要望や提案はしっかり言う

こうにして欲しいという要望はしっかり伝えてください。
編に良く見せようとする必要はありませんが、強調したいところは修正します。

いかがでしょうか。
取材は魅力を発信できる最高の手段です。是非、活用してください。

======
■集客できる情報発信をしませんか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

歌川貴之

プロインタビュアー/仕事と空き家マッチングが最も得意。インタビュー求人情報サイトを運営し、企業向けに販促用のコンテンツ制作をしている。個人事業主のお店から芸能人・上場企業の社長など、様々な職業1,000人以上に会ってきた。

 - インタビュー取材の方法