介護職不足の対策は外国人を受け入れる明確な理由。技能実習生と就労ビザの違い

   

こんちは歌川です。

介護の人材不足が深刻になってきています。
僕の問い合わせでも介護職の方も増えてきました。

そんな中、介護職の外国人の受け入れが緩和されてきました。
今回は、受け入れ可能の方法をお伝えしますので、外国人受け入れを考えている方は参考にしてみてください。

なぜ外国人なのか?

僕は外国人の受け入れをおすすめしています。
なぜなのかお伝えしたいと思います。

日本人には介護に良いイメージがない

メディアでも報じる介護の現状を見ると給料が安い、過酷など良イメージがありません。
そんな中では日本人以外の方のお力を借りるしか道はないのです。

AIやロボットは介護は時間がかかる

ロボットにはデータを入れ込まないと動きません。
そのビックデータ集めに時間がかかるんです。
しかも、接客は日々変化していきますし、
日本人独特のコミュニケーションは複雑なので、この10年は完全手放しは無理でしょう。

しかし、認知症の人には効果があると思います。

技能実習制度

2017年11月~介護職の受け入れが可能になりました。

詳しくは、外国人技能実習機構

人材紹介

技能実習ではなく、資格を持っている外国人も雇用が可能です。
日本の学校を卒業して資格を取得した人材に限られますが、資格を取得している分、教育が楽にやりやすい傾向があります。

参考になれば幸いです。

======
■仕事探しで絶対に後悔したくない方へ
インタビュー求人情報

■求職者から60分で3名の応募があった情報発信をしませんか?

■最新情報はLINEの友達追加を!
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

歌川貴之

インタビュー求人情報サイトを運営し、企業向けに販促用のコンテンツ制作をしている。個人事業主のお店から芸能人・上場企業の社長など、様々な職業1,000人以上に会ってきた。2018年に仕事と住居マッチングサイト『ジョブホーム』リリース

 - 人材を確実に採用する方法