• 7 views
  • フェイスブック 0
  • ツイッター 0
  • はてなブログ 0

【経営者目線】アフターコロナを生き抜く方法

【経営者目線】アフターコロナを生き抜く方法

ここ最近のコロナウイルスが僕らの事業にも影響が出てきています。
僕らの事業はリモートワークが増えると追い風になるので、今は攻めと守りを両方考えています。

正直、自分ではコントロールできない領域に入ってしまっているのでどうしていいか分かりません。
それでも経営者として外部環境に負けず動く必要が出てきています。
※リアルに精神的に参ってしまう経営者も増えてくるかと思う。

そんな弱音を吐いても何も変わらないので今できることをまとめてみました。

アフターコロナとは?

アフターコロナは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が蔓延し尽くした世界のことだと考えています。
これから生まれてくる子供はコロナウイルスが日常茶飯事に蔓延している世界で生きることになります。
今考えると怖いけど当たり前になるのかな。

経営者ができること

経営者ができることをまとめてみました。

コロナウイルスと共存する道を選ぶ

どうなんだろう。数年後はこのウイルスもインフルエンザのように死亡者はいるけど、感染が当たり前の世の中になっていく気がします。

それなら、今のうちのどう共存できるかを考えるべきで、
会社としてはリモートワーク推進やデリバリー活用の取り組みをおすすめします。

速攻は死

会社が危機的な状況でも妄想癖の建設的パラノイアで乗り越えた件
でもまとめましたが、熟年している経営者ほどマクロ視点で物事を見えるので、
情報一つで色々なことを考えられます。

ただ、注意して欲しいのは物事を判断するスピードです。
一般的には決断は早い方が良いとか、考えたらすぐ動くみたいな言葉が使われますが、
逆に有事の際には早く動き過ぎると致命傷になることも多々あります。

なので、考えるべきは「この判断をするのに、あとどのぐらい時間があるのか」
を考えてください。
僕は大きな決断をするならまずは一晩寝てから決めるようにしています。

特にトップダウン経営をしていると早く決めがちになるので注意が必要です。

体調管理

いつの時代でも身体が一番大事なので、精神的にキツくても睡眠や食事はしっかり取りましょう。
僕も会社立ち上げの際は売上が伸びず寝れない日々が続きましたが、
寝ないと頭も回らないし体調が悪くなるし悪循環ですよね。

固定費の削減

そして、コストの削減です。特に固定費。
僕らは初めからフルリモートワークで働いているので、オフィスも最低限で月数万円代です。
さらに、社員採用もかなり厳選しており、フリーランス(業務委託)をフル活用しているので変動費にできます。

現金を手元に置く

やはり現金が手元にあることが重要です。
特に売り上げがゼロでもどのぐらい会社が持つのか?
という問いに応えられる必要があると考えていて、よく半年と言われてますよね。
欲を言えば僕は1年分は現金保有しているのをおすすめしています。

新規事業立ち上げ

これがピンチをチャンスに変える唯一の方法です。
今の事業がダメになるなら他の事業をするしか生き残る道はありません。

まさに背水の陣のような感覚ですが、
上記の固定費削減とある程度の現金があれば、何度かチャレンジできる体制になります。

アプトリーはリモートワーカーと企業様を繋ぐサポート事業を行っています。

  • 新規事業の設計開発が一気通貫が得意です
  • 納品よりもビジネスの成功にコミットします
  • スクラムのチーム開発も得意です

少しでもご興味を持っていただけた方はお気軽にお問合せください。

アプトリーのウェブサイト

\
\
\
いつも応援ありがとうございます
/
/
/
歌川貴之

歌川貴之

株式会社アプトリーの代表。 リモートワークのIT人材マッチングサービスNACODER's(ナコーダーズ)を運営しています。 完全審査のスキル+共感採用でビジョンマッチングを実現。好きな人と働ける社会を創る。全社員フルリモート

新規開発をしたい・リモートワークで働きたい方

資料請求・無料相談はこちら