企業向けにエンジニア人材採用やフリーランス開発外注方法を学べるWEBメディア

AGENTORY(エージェントリー)

【E-bookをプレゼント】

人材採用の起爆剤!
今までのノウハウを全部つぎ込んで無料配布中。

これを読めば、確実な人材採用方法を学べます。
是非、ビジネスにお役立てください。

ダウンロードはこちら
※無料メールマガジン登録でダウンロードできます。

サイトのアクセス解析を利用して成果を出す方法

2017/12/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社アプトリーの代表。企業のエンジニア人材不足を解決するため、プロフェッショナルのフリーランス紹介やWEBアプリの受託開発をしている。ダイレクトリクルーティングが最も得意で、社員全員がフルリモートで勤務している経験からテレワーク導入もサポート中!
課長Aさん
なんか最近アクセスが伸びないな
社員Bさん
そうですね。解析すると直帰率も80%超えてます・・
課長Aさん
コンテンツが悪いのかな?
社員Bさん
わ、分かりません。

こんにちは歌川です。

今回は、非常に重要なアクセス解析についてお伝えします。
コンテンツを発信したら、どのぐらいアクセスがあったか知りたいですよね。
無料で解析出来るツールが多くあるので、あなたもサイトの解析をしているはずです。

しかし、いくらPV数などデータは分かっても、そこから何をすればいいか悩んではいませんか?
成果を出すには、アクセス解析で終わりではなく、改善点を見つけて修正していくことが良質な情報発信に繋がるのです。

結論から言いますが、そんな時には『直接、人に聞く』のも有効です。
ネットのみの分析だけではなく、情報の受け手側からも聞いてみましょう。その効果はあり余るほどです。

まずは、おすすめのツールをご紹介します。

無料アクセス解析ツール

Google Analytics※必須

アナリティクスの導入は必須です。必ず使って欲しいツールです。
アクセスのユーザー情報からPV数、ページの滞在時間など、幅広く細かく分析が出来るので最強のツールです。

活用方法はブログマーケッターJUNICHIさんの記事が分かりやすいのでご紹介します。
まるで教科書!初心者のためのGoogleアナリティクスの使い方【絶対保存版】

Google Search Console※必須

サーチコンソールも入れておきましょう。
あなたのサイトが、どの検索ワードでアクセスされているか?や、Googleからどのように評価されているか?が分かります。

こちらもJUNICHIさんの記事をご紹介します。
Google Search Consoleとは?ブログ運営者なら絶対使ってほしい神ツール

User Heat

サイトのどの辺りが読まれているのか?や、どこで離脱したのか?が分かるツールです。
実際の目線も分かるので、便利ですね。

使い方はこちら
ヒートマップ分析の使い方

Blubrry

インターネットラジオのポッドキャストで使える解析ツールです。
詳しい使い方は、『集客ツール!ポッドキャスト(Podcast)の制作方法とは?ダウンロード解析まで解説』をお読みください。

オレンジメール

メールマガジンも、開封率やクリック率など解析できるツールは多いです。
その中で、無料で使えるオレンジメールはおすすめで、どのリンクにどのぐらいクリックがあったかも分かります。
僕もオレンジメールでメールマガジンを配信しています。
オレンジメール

Similar Web

他社のサイトのアクセス数が気になりませんか?
これを使えばライバルのアクセス数や何で検索されているかが分かります。
ただ、PV数は正確じゃないので参考程度にしてください。
Similar Web

PageSpeed Insights

Google のウェブ パフォーマンス ツールです。
サイトの読み込み速度など、改善する箇所を分析してくれます。
定期的にサイトを状況をチェックしてみましょう
PageSpeed Insights

アクセス解析と同時に人へ聞く!

ここからは直接人に聞く方法をお伝えします。
しかし、誰に意見を求めるかが重要になってきます。

直接聞くメリットはこちら。
①早い
何と言って早いです。
②的確
一瞬で改善点が分かります。

具体的な聞き方をお伝えします。

ターゲットへ聞く

これが出来たら最高です。身近にターゲットにがいるなら感想を聞いてみるべきです。
ターゲットにあまり刺さらないということは、的外れなコンテンツということです。

チームで共有する

チームでチェックポイントを作成し、共有して意見をもらうのもおすすめです。
僕は下記のチェックポイントとフローを作っています。

■チェックポイント
・役立つ情報になっているか?
・誤字脱字はないか?
・読みやすい文章か?
・タイトルは分かりやすいか?
・SEO対策をしているか?

■フロー
歌川(制作)⇒チーム(共有・修正)⇒ターゲット(経営者)

コンテンツに興味がない人にも聞く

「興味がない人に聞いても参考にならないでしょ?」と思いがちですが、そんなことはありません。
興味のない人は、細かいところよりも、引いた目で全体の流れやまとまりを見るからです。

文章だったら全体の意見をもらえますし、動画だったら最初の印象を率直に話してくれます。

専門家に聞く

その分野の専門家や、情報発信が得意な方へアドバイスをもらうのをおすすめします。
しかし、良くも悪くも細かいとこに目が行きがちなので参考程度にするのがいいでしょう。

早く成果を出す方法

いかがでしょうか?
最後に、受け手へ質問するべき項目をお伝えします。意見を取り入れて的確な情報発信をしていきましょう。

■質問リスト
・率直に何を感じたか?
・コンテンツは理解しやすかったか?
・改善するために何をすればいいか?
・サイトのデザインはどうか?

こちらも合わせて読みたい
【完全マニュアル】初心者でも実践できる集客力アップの情報発信方法

======
■ベトナム人に特化したエンジニアの人材マッチングはこちら
お問い合わせ

■求職者から60分で3名の応募があった情報発信をしませんか?

■最新情報はLINEの友達追加を!
友だち追加

いいね !をしていただくと
最新記事をお届けします♪

Twitter で

【無料E-bookをプレゼント】

人材採用の起爆剤!

今までのノウハウを全部つぎ込んで無料配布中。
是非、ビジネスにお役立てください。

ダウンロードはこちら

※無料メールマガジン登録でダウンロードできます。

この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社アプトリーの代表。企業のエンジニア人材不足を解決するため、プロフェッショナルのフリーランス紹介やWEBアプリの受託開発をしている。ダイレクトリクルーティングが最も得意で、社員全員がフルリモートで勤務している経験からテレワーク導入もサポート中!




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© AGENTORY(エージェントリー) , 2017 All Rights Reserved.